Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > 【2022年最新版】セミオーダーのバッグの魅力と選び方を徹底解説!
【2022年最新版】セミオーダーのバッグの魅力と選び方を徹底解説!

「自分好みにカスタマイズしたバッグが欲しい!」
「個性やこだわりを、持ち物に反映させたい!」

この記事をお読みのあなたは、このような思いをお持ちかもしれません。「セミオーダーのバッグ」では、自分好みにカスタマイズして、個性やこだわりを反映させることができます。

オーダーメイドで作られたバッグは、他の人と被ることがありません。唯一無二のバッグを日々持ち歩くことで、日常をより楽しくすることができるでしょう。

使う機会が多く、他の人の目に触れる機会も多いバッグ。個性やこだわりを詰め込んだオーダーメイドのバッグを日々持ち運ぶことで、誇らしい気持ちになるかもしれません。

この記事では、セミオーダーのバッグの魅力や選ぶ際のポイント、またセミオーダーのバッグを取り扱っているオーダーメイドブランド「Livelty TOKYO」についてご紹介します。

是非、セミオーダーのバッグの購入を検討されている人は、この記事を参考にしていただければと思います!

目次

セミオーダーのバッグとは

セミオーダーのバッグの魅力や選ぶ際のポイントをお伝えする前に、そもそも「セミオーダーのバッグとは、何か」をお伝えします。

まず「セミオーダー」とは、既製品に対して、色や素材を注文者の好きなようにカスタマイズして作る方法です。バッグであれば、例えば表面の色を茶色にするか、黄色にするか、ピンク色にするか。また、素材にはドイツのシュランケンカーフを使うか、別のものを使うか。このように、複数の選択肢から好きなようにカスタマイズを施せるのが、セミオーダーです。

セミオーダーは、「パターンオーダー」や「カラーオーダー」と呼ばれることもありますが、意味はほとんど同じです。

表面は何色にするか、内部には別の色を使うか。ステッチの色を変えようか。素材は何を使おうかなど、組み合わせは膨大な数あり、基本的に人と被ることはありません。セミオーダーで購入したバッグは、唯一無二のアイテムです。

セミオーダーの他に、「フルオーダー」と呼ばれるものがあります。これは、お客様の要望を元にゼロベースから製品を作っていくものであり、既製品を元にカスタマイズできるセミオーダーよりも表現の幅は広くなります。しかしその分、セミオーダーと比較して価格と納期を要することになります。

「こんなものを作って欲しい!」というイメージがあり、個性やこだわりを細部まで全て詰め込んだバッグが欲しいという場合は、フルオーダーがオススメです。リーズナブルな価格で、人と被らない個性のあるバッグが欲しいという場合は、「セミオーダー」を選びましょう。

セミオーダーのバッグの魅力

ただ安くて見た目が良くて、使い勝手が良いバッグをお探しであれば、既製品でも良さそうです。それでは、なぜセミオーダーのバッグが多くの人から買い求められているのか。ここでは、多くの人を惹きつけるセミオーダーのバッグの魅力を3つに絞ってご紹介します。

● 自分好みに「カスタマイズ」できる
● あまり手間をかけずに、リーズナブルにオーダーメイドできる
● 人と被らないという「特別感」を味わえる

順に見ていきます。

自分好みに「カスタマイズ」できる

店頭に並んでいる製品や、通販サイトに掲載されている製品を見て、それと全く同じものを購入する既製品とは違い、セミオーダーでは色や素材などを自分好みにカスタマイズした製品を手に入れることができます。

自分の求めているものが既製品として販売されていればそれを買うのも良いでしょうが、求めているものが既製品の中に見つからない場合は、オーダーメイドで自分好みの製品を作ることをオススメします。

「ここの色はどれにしようか」「素材は何を使おうか」「ステッチの色はどうするか」など、悩みながら自分好みにカスタマイズしてできあがった製品には、強く愛着が湧くこと間違いなしです。きっと、長く大切に使い続けられるでしょう。

あまり手間をかけずに、リーズナブルにオーダーメイドできる

既製品を元に、複数の選択肢から自分好みに組み合わせを選んでカスタマイズするセミオーダーでは、ゼロベースからモノづくりを行うフルオーダーと比べて、価格や納期、また手間が大幅に軽減されます。

個性やこだわりを最大限詰め込んで、ゼロベースから作るフルオーダーは素晴らしいサービスですが、どうしてもその性質上、価格と納期を要し、また手間がかかります。オーダーメイドと聞くと敷居が高いと考える人が多くいますが、それはフルオーダーをイメージしているからです。

あまり手間をかけずに、リーズナブルな価格でオーダーメイドのバッグを手に入れらるのが、セミオーダーの大きな魅力の一つです。

人と被らないという「特別感」を味わえる

やはりオーダーメイドの魅力として一番大きなところは、「人と被らない、唯一無二の製品が手に入る」というところでしょう。人と被らないオーダーメイドのバッグは、「希少性の極み」であり、アイテムを持ち歩くことに「特別感」を味わうことができます。

機能性やデザイン性だけであれば、価格的にも既製品を購入したほうが良いでしょう。しかし、それでもオーダーメイドを選ぶ人が多いのは、やはり希少性から味わえる特別感が大きいからです。

特別感がもたらす魅力は、非常に大きなものです。オーダーメイドではないですが、一部の高級車の中には、一般的な乗用車と比べて燃費が悪く、窮屈で乗り心地が良いとは言えないものがあります。それでもその高級車を買う人が多いのは、やはり機能性やデザイン性以外の「特別感」が影響していると思われます。

日々持ち歩くバッグは、日々をより豊かにするパワーを秘めています。そんなバッグをセミオーダーで持つことで、特別感を感じ、きっと日々がより豊かになることでしょう。

なぜ、オーダーメイドで作られるバッグには「革」が多いのか

様々なお店がオーダーメイドのバッグを提供していますが、その多くは「革」で作られています。なぜ、オーダーメイドのバッグには「革」が多いのでしょうか。

革製品には、一般的に「丈夫で長持ちする」という特徴があります。せっかくオーダーメイドで作ったバッグですから、長く大切に使い続けたいと思うのが普通でしょう。革のバッグであれば、多少の衝撃があっても壊れることはありません。

また、革製品には上品さと高級感があります。日頃持ち歩き、人の目に触れる機会が多いバッグにおいて、上品さと高級感があることは大切な要素です。

革製品は、使い込むほどに手の脂や太陽の光などの影響で、表面に色艶が出てきます。質感なども変わっていきますが、これはただの劣化ではなく、「エイジング(経年変化)」と呼ばれるものです。革はよく「生きている」と表現されますが、革製品は使い込むほどに、表情や風合いが変わります。

持ち主にフィットしていき、よりオリジナリティが強くなります。是非、オーダーメイドのバッグの購入を検討している場合は、「革」のバッグを前提にお探しいただければと思います。

セミオーダーのバッグを選ぶ際のポイント

ここまで、セミオーダーのバッグの魅力や、長く大切に使い続けるために「革」のバッグがオススメであることをお伝えしてきました。ここでは、セミオーダーのバッグを選ぶ際のポイントを3つに絞ってご紹介します。

● カスタマイズの幅を確認する
● 店頭で実際に製品の手触りなどを確認する
● 価格、納期、修理可否、デザインなどの「目に見える基本情報」を確認する

順に見ていきます。

カスタマイズの幅を確認する

セミオーダーの魅力は「自分好みにカスタマイズできる」ところにありますが、その際にカスタマイズの幅がどれぐらい広いかは非常に大切です。

赤と黒の2色からしか選べなかったり、素材はこちらで選べない、ステッチの色の指定はできない、名入れ刻印には対応していないという場合、カスタマイズの幅が狭く、少ない選択肢の中から組み合わせを選ぶ必要があります。

せっかくのセミオーダーのバッグの購入ですから、豊富な選択肢の中から自分好みに組み合わせを選びたいところですよね。

お店によっては、WEBから注文するよりも店頭で注文する場合のほうが、より豊富な選択肢の中から組み合わせを選べることもあります。

店頭で実際に製品の手触りなどを確認する

セミオーダーのバッグはネット上からでも注文できる場合が多いですが、可能な限り実際に店舗に足を運び、自分の目で直接デザインや手触りなどを確認しておくことをオススメします。

ネット上からの注文だと、どうしても期待していたものとは異なる製品が手元に届くことがあります。家に届いてから確認してみると、手触りがあまり好みでなかったりするかもしれません。オーダーメイドの特別なお買い物において、そういった失敗は避けたいところです。

アクセスの問題もあり、なかなか店舗に足を運ぶのが難しい人もいるかと思いますが、可能であれば店舗に足を運び、自分の目でデザインを確認して、自分の手で質感を確認することをオススメします。

価格、納期、修理可否、デザインなどの「目に見える基本情報」を確認する

リーズナブルな価格で少ない手間で購入できるセミオーダーのバッグとはいえ、価格と納期はしっかり確認しておきましょう。価格は当然確認すると思いますが、案外忘れがちなのが納期の確認です。様々な事情から、できるだけ早く手元に欲しいこともあるでしょう。注文内容や混雑状況に応じて納期は異なりますので、お店のホームページを確認し、必要に応じてお店に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

また、お店によっては糸のほつれなどの修理を無償で行ってくれる場合があります。せっかくのオーダーメイドのバッグですから、綺麗な状態のものを長く使い続けたいところです。自分で直せれば良いですが、ある程度の専門的な知識や道具が必要になることもあります。無償で職人が修理してくれるサポートがあるかどうかは、しっかり確認しておくことをオススメします。

その他にも、デザインは購入前に目で見て確認できる基本情報です。ネット上で画像で見た印象と、実際に見た印象は異なるかもしれません。先述しましたが、やはり実際に店舗に足を運び、自分の目で確認しておくべきです。

名入れ刻印で、特別感を強くする!

バッグのセミオーダーにおいて、お店によっては「名入れ刻印」を無料で行ってくれることがあります。「名入れ刻印」とは、好きな文字を製品に刻印することです。

ただでさえ特別なオーダーメイドのバッグですが、名入れ刻印を施すことでより特別感を醸成することができます。アイテムの特別感が持ち主に与える価値というのは、非常に大きなものです。自分の名前が刻まれた製品には、愛着が湧くものです。長く大切に使い続けたいという気持ちが、より強くなることでしょう。

刻印する文字は、決して人の名前である必要はありません。好きなアニメのキャラクター名でも良いし、会社名なども良いでしょう。多くの人は自分の名前を刻印しますが、大切な人へのプレゼントとしてオーダーメイド製品を渡す場合は、大切な人の名前を刻印するのが良いでしょう。

オススメなのは、名前をイニシャルで入れることです。例えば「田中直樹(たなかなおき)」という名前の場合は「N.T」と刻印します。製品に刻印する文字をシンプルなものにすることで、製品自体のデザイン性を損ねることなく、製品に特別感を醸成することができます。

セミオーダーのバッグを取り扱っている「Livelty TOKYO」について

ここまで、セミオーダーのバッグを持つことの魅力や、「革」のバッグがオススメであること、セミオーダーのバッグを選ぶ際のポイントなどをお伝えしてきました。

このサイトの運営元であるLivelty TOKYOは、フルオーダーからパターンオーダーまで、幅広いジャンルの製品を取り扱っている、革製品のオーダーメイドブランドです。オーダーメイドのバッグを取り扱っており、素材が「革」でできたオーダーメイドのバッグをお探しながら、Livelty TOKYOをお選びいただければ間違いありません。

フルオーダーとパターンオーダーのどちらも実績が豊富であり、熟練職人がお客様の要望を形にするため、一つ一つ丁寧に縫製して作り上げていきます。パターンオーダーのカスタマイズの選択肢が豊富で、中目黒の店舗では8種類の素材において各10色からカスタマイズが可能です。これだけ選択肢が豊富にあれば、人と被ることはないでしょう。

無料で名入れ刻印に対応しており、お客様の人と被らない特別なお買い物に、より特別感を醸成します。

すぐにオーダーメイドのバッグの購入を検討していなかったとしても、些細な疑問や聞いてみたいことなどございましたら、是非お気軽に中目黒の店舗まで足をお運びください!

Livelty TOKYOのセミオーダーのバッグを紹介!

ここでは、Livelty TOKYOが取り扱っているセミオーダーの革のバッグをご紹介します。

パターンオーダーの製品では、商品ページのWEBショップから以下のように画面上でリアルタイムに色の組み合わせを確認することができますので、是非操作してみてください!


また、HPのテキストだけでは伝えきれないところもありますので、是非直接中目黒の店舗に足をお運びいただき、実際に商品を手に取って触ってみていただければと思います!


ここでご紹介するのは、表情豊かな美しいシュリンクレザーを贅沢に使用した、一枚の革からでき上がる曲線が美しい贅沢なクラッチバッグです。

シンプルかつ上品なデザインであるため、場所を選ばずに様々な場面で持ち歩くことができます。

クラッチバッグ ¥79,200 (税込)

バッグの内側にはなめらかでしっとりとした高級ファブリックを使用しており、薄型ながら収納力は抜群です。普段タブレットをお使いの方は、これ一つで持ち運びすることができます。

男性でも女性でも使いやすくて映えるクラッチバッグ。普段の日常生活、またビジネスの場面でも活用ができます。

まとめ:セミオーダーのバッグで、個性とこだわりを発揮しよう!

この記事では、セミオーダーのバッグの魅力や選ぶ際のポイント、またセミオーダーのバッグを取り扱っているオーダーメイドブランド「Livelty TOKYO」についてご紹介してきました。

自分好みにカスタマイズでき、人と被らないオリジナリティ溢れるバッグをリーズナブルな価格で購入したい場合は、セミオーダーのバッグが一番オススメです。特に「革」のバッグは、丈夫で長持ちすることに加えて高級感があり、エイジングを楽しめるという意味で非常にオススメです。

セミオーダーのバッグを購入する際は、最大限納得のいくお買い物になるよう、カスタマイズの選択肢の豊富さやデザイン、もちろん価格や納期など、事前に得られる情報をしっかりと確認しておきましょう!