Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > バッグのリメイクを依頼する際のポイントを徹底解説! | バッグのリメイクは、Livelty TOKYOで
バッグのリメイクを依頼する際のポイントを徹底解説! | バッグのリメイクは、Livelty TOKYOで

外出時の必須アイテムの一つである、「バッグ」。使う頻度が多く、また地面に置く際の擦れなどで傷や汚れが生じやすいアイテムです。

他の人の目に触れる機会が多いからこそ、自分のこだわりでデザイン性の良いバッグを持ちたいという人も多いのではないでしょうか。見栄えの良いバッグに目が向き、今使っているバッグがまだ使えるのに新しいものを買い、使わなくなったバッグもあるかもしれません。

また、傷や汚れが原因で使わなくなったり、大切な人からプレゼントでバッグをもらったから、以前使っていたバッグを使わなくなったということもあるかもしれません。

様々な原因で、使わなくなったバッグ。使えないこともないけど、使う機会もあまりなさそう。かといって、捨てるのはもったいない気がする。

使わなくなったバッグがある人には、「リメイク」をオススメします。バッグをリメイクすることで、全く新しい製品を生み出すことができます。

「リメイク」とは、「既存の物を元に、新しく何かを作り出すこと」です。バッグをリメイクして、その素材を使った新しい物を作ってみませんか?形やデザインの異なるバッグを生み出すもよし。バッグからスマートフォンケースを作るなど、全く別の物を生み出すもよし。

この記事では、バッグをリメイクすることの魅力、またバッグのリメイクを依頼する際のポイントをお伝えし、バッグのリメイクが得意なLivelty TOKYOのリメイクサービスについてご紹介します!

バッグのリメイクの依頼を考えている人は、是非この記事をお読みください!また、Livelty TOKYOにお問い合わせをいただき、「こんなものが作りたい!」という想いを一緒に形にしましょう!

目次

バッグのリメイクには、魅力がいっぱい!

「バッグのリメイク」とは、「お客様がお持ちのバッグを素材として使い、新しい物を生み出すこと」です。お持ちのバッグから、形・デザインを変えた新しいバッグを作ったり、スマートフォンケースや財布、ベルトなど、バッグとは違う全く新しい物を生み出すことができます。

バッグのリメイクには、魅力が詰まっています。ここでは、バッグのリメイクが魅力的である理由を3点に絞ってご紹介します。

● 一つのバッグから、様々な新しいものが生み出せる
● 創造性と自分らしさ溢れる、世界に一つだけのアイテムを生み出せる
● 「味」を伝承できる

順に見ていきます。

一つのバッグから、様々な新しいものが生み出せる

バッグは表面積が大きいものが多く、一つのバッグから素材をふんだんに使い、様々な種類の全く新しいものを生み出すことができます。

使わなくなったバッグというのは、それをそのままの形のバッグとして保管していても、ただの「不用品」です。しかし、そんな不用品もリメイクにより新たなものを生み出すことで、不用品ではなくなります。

多くの素材を取ることができるバッグは、リメイクに非常に向いているアイテムです。素材を多く取れれば取れるほど、そこから生み出せる物の幅は広くなります。

創造性と自分らしさ溢れる、世界に一つだけのアイテムを生み出せる

素材が豊富に取れるバッグですが、その素材を活用してどのようなものを新たに生み出すのか、創造性をフルに発揮して、世界に一つだけの自分だけのアイテムを生み出すことができます。

リメイクとは、「既製品を元に作成する、オーダーメイド」と言えます。オーダーメイドである分、作り出されるものは誰とも被らない、唯一無二のアイテムとなります。

リメイクにより生み出された製品を使うことだけが、バッグのリメイクの魅力ではありません。「どんなものを作ろうかな」と創造性を発揮して、自分らしさやこだわりを最大限詰め込んだアイテムを作る「過程」にこそ、バッグのリメイクの魅力が詰まっていると言えます。

是非、バッグのリメイクにより得られる「物」を使うことの喜びはもちろん、バッグのリメイクを通して得られる「購買体験」も存分に楽しんでいただきたく思います。

「味」を伝承できる

バッグの多くは、素材に「革」が使われています。革製品というのは、使い込むほどに経年変化により「味」が出てきます。手の脂が浸透することで色艶が出たり、丸みを帯びて手に馴染むようになったりと、持ち主によって表情を変えるのが、革製品の魅力の一つです。

長く使うことで味が出たバッグの素材を使い、全く新しいものを生み出すわけですが、生み出されるものの素材は、あくまで自分にフィットした、「味」の染み付いた素材です。持ち主にフィットした素材を引き続き使うことができ、リメイクを通して「味」を伝承することができます。

昔使っていたバッグに、何か思い入れがあるかもしれません。もう使わなくなったとしても、使えるものにリメイクし、思い入れを伝承することだってできます。

リメイクの活用により、過去から現在、そして未来に、「想いを繋ぐ」ことができるのです。

「リメイク」と「リペア」の違い

ところで、ここまでバッグの「リメイク」についてご紹介をしてきましたが、似たような言葉に「リペア」というものがあります。

「リメイク」と「リペア」の違いを理解できていないと、本当に求めているものが実はリメイクではなくリペアだったにも関わらず、余分にお金を支払ってリメイクのサービスを使ってしまうことになるかもしれません。

ここでは、「リメイク」と「リペア」のそれぞれの特徴についてご紹介します。

リメイクとは

ここまでにも紹介してきたリメイクですが、これは「既存の物を元に、新しく何かを作り出すこと」です。例えば、使わなくなったバッグの素材を活用して財布を作ったり、元々のバッグから形やデザインを変えて、心機一転新しいバッグを生み出すというのが、「リメイク」にあたります。

既存の物から新しい物を作り出すという意味で、リメイクの実態は「オーダーメイド」です。お客様の要望に沿って、想いを形にするために様々なアイデアを出し、製造を進めていく性質上、後ほどご紹介する「リペア」と比べて、場合によりますが価格や納期がよりかかります。

ここまでバッグについてのリメイクを紹介してきましたが、バッグ以外にも財布やスマートフォンケースなど普段お使いの物からニッチな製品まで、幅広い物において素材を活用して、新たな製品を生み出すことができます。

リペアとは

「リペア」は「修理」の英語訳であり、文字通り傷や汚れなどがついた物を、元の綺麗な状態に戻すといったことを指します。

程度にもよりますが、リメイクで既製品を元にオーダーメイドで物を生み出す場合と比べると、価格や納期はそれほどかからないことが多いです。

「リメイク」と「リペア」は似たような言葉であるため、混同して使われることも多いですが、本来求めていたものが「リペア」だったにも関わらず、「リメイク」のキーワードで検索をかけてサービスを探すと、求めている情報に辿り着きづらいかもしれません。

リペアとリメイクを混同した状態で、あまり考えずに雑に注文をすると、求めていたものと違うものが出来上がってしまうということになりかねません。

言葉の定義について、しっかり押さえておきましょう。

バッグのリメイクを依頼する際のポイントを解説!

ここまで、バッグをリメイクすることの魅力などについてご紹介してきました。実際にバッグのリメイクを依頼する際には、「どこのお店にお願いしようか」「価格はどれぐらいになるか」など、検討すべきポイントがいくつかあるでしょう。

ここでは、バッグのリメイクを依頼するにあたり事前に知っておくべき・押さえておくべきポイントを5つに絞ってご紹介します。

● そもそも、求めているのは本当に「リメイク」か
● どのような物にリメイクするかのイメージはあるか
● 実績・事例を確認する
● 価格と納期は、許容範囲か
● バッグ以外に、リメイクに出せそうな物はあるか

順に見ていきます。

そもそも、求めているのは本当に「リメイク」か

「リメイク」と「リペア」の違いについては先述した通りですが、使わなくなったバッグについて、その使わなくなった理由が「ファスナーが壊れた」「色落ちして見栄えが悪くなった」などであれば、「リペア」を検討するのも一つです。

Livelty TOKYOでは、リペアのサービスに力を入れており、程度にもよりますが傷や汚れを完全に修復することが可能です。


使わなくなった理由は劣化によるものだが、この際リメイクして新しいものを作りたいといったような場合には、是非リメイクのサービスをご活用ください。

どのような物にリメイクするかのイメージはあるか

バッグのリメイクの依頼を検討している場合、具体的にバッグの素材を活用してどんな物を新たに作り出したいか、イメージはありますでしょうか。

リメイクのサービスを提供している店舗に直接足を運んだり、問い合わせてみて職人と話しながらイメージを固めていくことをオススメしますが、最低限のイメージの土台はあったほうが良いでしょう。

せっかく活用するリメイクのサービス。特別なお買い物であり、どうせなら自分のこだわりを最大限反映させた、納得できる製品を生み出したいですよね。

お店のホームページに載っているリメイク事例を見たり、またご自身でもバッグの素材を活用してどんな物を作りたいか、よく考えてみましょう。

作りたい物のイメージの土台ができたら、注文を検討しているお店に問い合わせてみて、「こんな感じのイメージを持っていますが、リメイクできますか?」などと直接聞いてみましょう。職人と実際に話をしていく中で、イメージをブラッシュアップしていき、「これだ!」という最高のイメージを作りましょう。

実績・事例を確認する

「バッグのリメイク」という特別な注文だからこそ、「どこのお店に依頼するか」は非常に大切なポイントです。その際、特に確認すべきところは「実績」と「事例」です。

リメイクは、既製品を元にした「オーダーメイド」であり、お客様の想いを形にするサービスですが、これには豊富な実績や経験に裏付けされた「技術力」が必要不可欠です。実績が豊富であれば、「こちらの要望を汲み取り、叶えてくれそう」と信用できますよね。

また、ホームページに載っている実績のみを参考にするのではなく、実際に「こんな感じで考えてますが、実現可能ですか?」と問い合わせてみたり、店舗に直接足を運んで色々と聞いてみることをオススメします。

過去に対応した事例を見れば、どんなことが実現可能かをより具体的にイメージできるようになります。

またリメイクの依頼をする際は、依頼者側のイメージがまだ固まりきっていないことが多々あります。そんな時に、ふわっとした要望を適切に汲み取り、「こんなのはどうですか?」と様々な角度から提案してくれれば、確実にイメージを固めてからリメイクの依頼をすることができそうですよね。

実績や豊富な対応事例から、経験の豊富さや職人の技術力を推し量ることができます。

価格と納期は、許容範囲か

物の購入を検討する際に、「価格」は絶対に外せない要素の一つです。また、バッグのリメイクにおいては「納期」がどれぐらいかかるかも重要です。

リメイクでは、お客様のご要望に応じて新たな製品を生み出しますが、その性質上ご要望の内容によって、価格や納期は大きく変わります。

ホームページに載っている情報もあるかと思いますが、やはりこれについても実際に店舗に問い合わせてみることをオススメします。

Livelty TOKYOは、製造のあらゆる工程における徹底した効率化により、価格と納期を抑えて、高品質なサービスを提供しております。お店選びに迷っているようでしたら、是非Livelty TOKYOにお声がけください!お客様に合った最適な提案を行い、お客様のご要望を形にできるよう、誠心誠意モノづくりを行います。

バッグ以外に、リメイクに出せそうな物はあるか

バッグのリメイクの依頼を検討している場合、この機会にせっかくなので、バッグ以外にもリメイクに出せそうな物がないか、探してみても良いでしょう。

リメイクを行うにあたり、素材は多いに越したことはありません。お家の中に眠っている物をリメイクに出し、使わなくなった物を有効活用してみてはいかがでしょうか。

「これをリメイクに出したら、どんな物が作れるかな」「一体、どんな姿に変身してくれるのだろう」とワクワクしながら考え、実際にお店に問い合わせてみましょう。

バッグ以外にもリメイクに出せそうな物は、案外家の中に眠っているものです。是非バッグに限らず、リメイクを活用して様々な物を新たに生み出してみてはいかがでしょうか。

リメイクに強みを持つ「Livelty TOKYO」とは

バッグのリメイクをどこに依頼しようか検討中であれば、是非Livelty TOKYOをご活用ください。

Livelty TOKYOは、東京都中目黒に店舗を構える、革製品のオーダーメイドブランドです。リメイク以外にもフルオーダーからパターンオーダー、また様々なジャンルの商品を取り扱っており、実績が豊富で、お客様のご要望を適切に汲み取り、想いを形にできる熟練職人が在籍しています。

以下、Livelty TOKYOの基本情報です。

SHOP名Livelty TOKYO
代表者佐藤 孝俊
住所〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-6-6 Dimora中目黒1F
TEL・FAX03-6451-2063・03-6451-2064
MAILinfo@livelty.com
店舗定休日火曜日・水曜日
店舗営業時間12:00 – 19:00

Livelty TOKYOのリメイクサービスについて

Livelty TOKYOでは、オーダーメイドで培ってきた経験・実績を元に、あらゆるリメイク・リペアに対応が可能です。ここでは、「リメイク」を「元の製品を元に、新しいものを生み出すこと」と定義し、また「リペア」を「既存製品の手直しをすること」と定義します。

オーダーメイドで新しい物を生み出すこと(リメイク)だけでなく、既存製品の糸のほつれや傷・汚れなどを直すこと(リペア)にも対応することができます。

リメイクのサービス提供に大切なのは、何といっても「技術力」です。Livelty TOKYOの熟練職人は年間100本もの商品を新しくデザインしリリースしています。

バッグのリメイクを依頼するのに、Livelty TOKYOがオススメな理由

ここでは、バッグのリメイクを依頼するのにLivelty TOKYOがなぜオススメか、ポイントを絞ってご紹介します。

● リメイクのみならず、フルオーダーメイドの実績が豊富にある
● 遊び心満載の、楽しいモノづくりができる

順に見ていきます。

リメイクのみならず、フルオーダーメイドの実績が豊富にある

リメイクが、お客様の保有物の素材を活用し、新たな物を作り出すという性質上、「お客様の要望を元に、ゼロベースからモノづくりをした経験」、つまり「フルオーダーメイドの実績」がどれぐらい豊富にあるかは、リメイクサービスの品質を判断する上でも非常に重要です。

Livelty TOKYOは、まさにリメイクとフルオーダーメイドのサービスに強みを持っており、「0→1」、つまり全く新しい何かを作り出すことに長けています。実績が豊富にあり、お客様の要望がニッチな場合でも、熟練職人が手間暇をかけて、イメージを形にします。

バッグのリメイクを依頼する際に「お店・ブランドの実績が大切」であることは先述した通りですが、Livelty TOKYOでは実績が豊富で、またお客様の「使いやすい」を実現するために、機能性にも十分にも配慮し、細部までこだわり抜いた製品・サービス提供を行なっております。

まとめ:バッグのリメイクを依頼するなら、Livelty TOKYOで!

Livelty TOKYOではお客様の声・要望をしっかり聞き入れ、理解します。また、「このようにするのはいかがですか?」と熟練のプロが提案し、プロの提案とお客様の要望をすり合わせながら、イメージを固めていきます。

Livelty TOKYOでは、お客様の「こんなものが欲しい!」を形にするために、お客様の要望を柔軟に取り入れ、遊び心満載でお客様のイメージを形にしていきます。

「こんなこともできたりするのかな?」とお考えのものがございましたら、是非何でもお気軽にご相談ください!Livelty TOKYOの実績・経験豊富な熟練職人が、お客様の遊び心満載のアイデアを、遊び心満載で形にしていきます。

クローゼットに眠っている昔よく使っていたお気に入りのバッグ、捨てるのは気がすすまないけれど今の自分のスタイルにマッチしない。すぐにリメイクの依頼をすることを考えていなかったとしてもまずはLivelty TOKYOのHPかinstagramを覗きに来てください!

また、中目黒の店舗に直接来ていただけますとどんなことが実現可能かをより詳細にお伝えすることが可能です、もちろんメールでのお問い合わせもお待ちしております!

最高のリメイク体験をしていただけるよう、Livelty TOKYOのスタッフ一同、心よりお問い合わせ・ご来店をお待ちしております!