Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > コインケース(オーダーメイド)を買う前にチェック!魅力や選び方を解説
コインケース(オーダーメイド)を買う前にチェック!魅力や選び方を解説

キャッシュレス化が進む現代において、必要最小限のカードのみをコンパクトでスマートな財布に入れて持ち歩く人が増えています。

あらゆるお店でカード決済が可能になり、現金を持ち歩く必要性が徐々に減ってきていますが、それでもカード決済ができないお店での買い物だったり、何らかの有事に備えて最低限の量の現金を持ち歩いている人は大勢います。また、まだまだ現金をメインで使っている人は多く、現金をスマートに持ち運べる財布には大きなニーズがあります。

現金の中でも、特に小銭を入れるための財布のことを「コインケース」と呼びます。毎日のように手に触れて、人の目に触れる機会の多い財布だからこそ、こだわりを詰め込んだ「オーダーメイド」がオススメです。

この記事では、オーダーメイドのコインケースに興味を持っているあなたに向けて、購入前に知っておくべき魅力や商品選びのポイント、またオススメの商品をご紹介します。

自分のこだわりを詰め込んだオーダーメイドの製品には、魅力が詰まっています。是非この記事の内容を参考に、自分に合ったオーダーメイドのコインケースをお選びいただければと思います。

目次

コインケースとは

先述の通り、コインケースとは「小銭を入れるための財布」のことです。「小銭入れ」と呼ばれることもあります。

片手にすっぽり収まるコンパクトなサイズ感が特徴であり、必要な小銭をスマートに管理し、持ち運ぶことができます。キャッシュレス化や持ち物のスマート化が進む昨今ですが、まだまだコインケースのニーズは大きいです。カードや紙幣、領収書などを入れるメインの財布と、小銭を入れるためのコインケースを分けて持ち運ぶ人もいれば、あらゆる支払いをカードではなく現金で行なっているため、多くの小銭を収納できるコインケースに魅力を感じる人もいます。

財布に強いこだわりを持っており、小銭を入れることで型崩れなどを起こしたくないという方に、小銭専用の入れ物としてコインケースは非常にオススメです。

またコインケースの中には小銭のみならず、カードポケットが付いていて、一緒にカードの持ち運びができるタイプのものもあります。カードや紙幣を一緒に格納し、片手に収まる小型のコンパクトな財布をメインとして使うこともできます。

最近はスマホであらゆるカードを管理できるようになり、スマホ一つあればほとんどの支払いに対応でき、キャッシュレス化は急速に進んでいます。それでも現金、小銭を全く持ち運ぶ必要がなくなることはまだまだ先の話でしょう。むしろ、キャッシュレス化の時代だからこそ、小銭を専用で管理できるコインケースは今注目されているアイテムなのです。

コインケースを持つメリット

「小銭を入れる財布」であるコインケースですが、小銭の持ち運びは普通の財布でもできますよね。それなのになぜ、コインケースは多くの人からのニーズを集めているのでしょうか。

ここでは、コインケースを持つメリットを3つご紹介します。

小銭が取り出しやすく、多くの小銭を持ち運べる

小銭を入れることに特化した財布ですから、「小銭の扱いやすさ」は普通の財布と比べて高いです。後ほど紹介しますが、コインケースにはボックス型や馬蹄型などの形状のものが存在します。ほとんどのコインケースは、片手にすっぽり収まるサイズ感となっており、小銭も取り出しやすいのが特徴です。

また、普通の財布と比べて多くの小銭を持ち運ぶことができます。コインケース自体が多くの小銭を入れられるように設計されておりますが、そもそも小銭を入れて持ち運ぶことに特化しているため、一緒に多くのカードや領収書を格納するケースはあまり多くありません。

普通の財布であればカードや領収書、お札などが入っているところに小銭を入れると、分厚くなりかさばってしまいます。小銭を入れることに特化しているコインケースだからこそ、小銭の量が多少多くなってもスマートに持ち運びができます。

小銭を分けて管理することで、財布の型崩れを防げる

今まで普通の財布にカードや領収書、お札と一緒に小銭を入れていた方も、小銭をコインケースに分けて管理することで、メインで使っている財布の型崩れを防ぐことができます。

カードや領収書などと一緒に小銭を入れて、パンパンな状態の財布は少し不恰好であり、他の人の目に触れた際に少し恥ずかしい気持ちになるかもしれません。また、パンパンな状態が続けば本来の財布の綺麗な形状が変わり、ずっと不恰好な見た目になってしまいます。

一度型崩れが発生した財布は、修理に出すなどしないと元には戻りません。大切な財布を綺麗な形で長く使い続けるためにも、小銭はコインケースに分けて管理するのがオススメです。

お札やカードも管理できるタイプであれば、超スマートな財布になる

コインケースの中には、小銭だけでなく、専用のカードポケットにお札やカードを格納できるタイプのものも存在します。小銭と一緒にお札やカードを格納すれば、片手にすっぽり収まるコンパクトなサイズ感の超スマートな財布になり、持ち運びが非常に楽です。

二つ折りの小型の財布でお札やカード、小銭などをまとめて管理することもできますが、やはり小銭収納に特化していない分、ある程度小銭を入れるとかさばり、見た目が悪くなってしまいます。

小銭の取り扱いの便利さに特化したコインケースだからこそ、カードやお札と一緒に、ある程度の量の小銭を入れてもスマートな格好を保つことができるのです。

コインケースに「オーダーメイド」がオススメな理由

小銭の取り扱いに特化した、財布。毎日のように使うコインケースだからこそ、これから新しく購入を検討している方には「オーダーメイド」にチャレンジしていただきたく思います。

オーダーメイドとは「注文を受けてから、作ること」です。その性質上、世界に一つだけの特別なアイテムとなり、また自分のこだわりを詰め込んだ好みのコインケースを手に入れることができます。

ここでは、コインケースにオーダーメイドがオススメな理由を3つご紹介します。

こだわっている人が少ないアイテムだからこそ、差別化で特別感が強くなる

「オーダーメイド製品」は、様々なアイテムで非常に人気です。コインケース以外にも、例えば財布やスマホケース、バッグなどはオーダーメイドの定番と言えます。

自分のこだわりを反映した、世界に一つだけのアイテムとなるオーダーメイドですが、普通の財布やスマホケース、バッグなどと比較して、オーダーメイドのコインケースを持っている人はそこまで多くはないでしょう。

しかし、こだわっている人が少ないアイテムだからこそ、オーダーメイドでこだわりの製品に仕上げることで、より特別感が醸成されます。普通の財布やバッグなどでオーダーメイドの製品を持つことは、そこまで珍しいことではありません。「珍しさ」は「希少性」となり、希少性は物の価値を高めます。

希少性の高いオーダーメイドのコインケースを持つことで、他者との差別化になり、自信を持って持ち運び、他の人に見せられるアイテムとなるでしょう。

日々使うアイテムを、ピンポイントで自分好みにできる

財布という毎日のように使うアイテムだからこそ、個性やこだわりを反映した自分好みのアイテムを持ちたいところです。店頭に並んでいる既製品にも素晴らしいアイテムはたくさんありますが、ピンポイントで自分好みのアイテムが見つからないかもしれません。

そんな時は、オーダーメイドで「こんなものが欲しい!」という想いをピンポイントで形にすると良いです。手触りの良い質感の素材を選び、自分好みの色の組み合わせを選ぶことで、ピンポイントで自分好みのアイテムに仕上がります。

オーダーメイドで自分好みに仕上がった製品には、強く愛着が湧くものです。オーダーメイドのこだわりのコインケースを、長く大切に使い続けることができるでしょう。

人に「語れる」アイテムになる

あなたは、「人に語れるアイテム」をお持ちでしょうか。人に語れるということは、そのアイテムに対して特別な想いを持っていたり、こだわりが詰まった大切なアイテムということです。

オーダーメイドで自分好みに仕上げられたコインケースは、きっと人に語れるアイテムになります。こだわりを詰め込み、機能性やデザイン性に最大限納得して選んだアイテムです。人の目に触れる機会が多いコインケースについて、「こんなところにこだわって作ったオーダーメイドの製品なんだ!」と語れるようになり、きっと日々持ち歩くコインケースが自分にとって特別なものになり、日々に彩りを加えてくれるでしょう。

経年変化(エイジング)が楽しめる「革」を選ぼう!

ここまで、コインケースを持つことのメリットや、オーダーメイドがオススメな理由をお伝えしました。オーダーメイドのコインケースを持つなら、素材に「革」が使われているものがオススメです。

コインケースのみならず財布全般において、素材が「革」の製品は非常にオススメです。革製品には「丈夫で長持ちする」という特徴があり、せっかくこだわりを詰め込んで手に入れたオーダーメイドのコインケースを、長く大切に使い続けることができます。

また、革製品には価格以上に上品さと高級感があります。人の目に触れる機会が多い財布というアイテムだからこそ、他の人の目に触れても恥ずかしくない、大人としての品格を漂わせる革のコインケースはオススメです。

さらに、革製品の最大の魅力に「経年変化(エイジング)」があります。これは、使い込むほどに色艶や光沢感が出るなど、持ち主の使い方や環境によって革の表情・風合いが変化していくことを指します。世の中の多くの製品では、使い込むごとに変化が生じることを「劣化」と表現しますが、革製品の場合はこれが「味」として捉えられます。

手に触れる機会が多いコインケースだからこそ、経年変化の速度は早いです。せっかくオーダーメイドのコインケースを購入するなら、使い込むほどに表情・風合いが変わるなど経年変化を楽しめる「革」の素材を選びましょう。

コインケース(オーダーメイド)選びのポイントを解説!

コインケースには、様々な種類のものがあります。先ほど紹介した素材が「革」の「オーダーメイド」のコインケースがオススメですが、その中でも実際にコインケースを選ぶ際に注視すべきポイントを、ここでは3つご紹介します。

サイズ感

小銭を入れることに特化しており、片手に収まるコンパクトなサイズ感がコインケースの特徴ですが、中には少し分厚めのものも存在します。

使用用途にもよりますが、やはりせっかくコインケースを購入するなら「より小さいもの」を選ぶのがオススメです。横幅や縦幅、厚みを確認し、片手にすっぽり収まるサイズのものを選択すると良いでしょう。

サイズ感についてはネット上からでも確認できることがほとんどですが、可能な限り店舗に直接足を運び、実際にコインケースが片手にすっぽり収まり、フィットするか確認すると良いでしょう。

機能性

小銭を入れることに特化したコインケースですが、カードやお札を入れる専用のポケットが付いているタイプのものも存在し、それであればコインケース一つであらゆるお買い物を済ませることができます。

カードやお札は別の財布で管理するため、コインケースにわざわざカードポケットが不要ということもあるでしょう。そもそもカードはスマホで管理しており、スマホとコインケースさえあればあらゆるお買い物を済ませることができるかもしれません。

持ち主の状況や使用用途に応じて、どんな機能性のコインケースが適しているかは異なります。使用シーンをイメージし、自分に合った機能性を備えたコインケースを選ぶようにしましょう。

形状

コインケースには、「ボックス型」「馬蹄型」「ミニ財布型」という大きく3つの形状があります。

一番ベーシックなのは、「ボックス型」です。ボタン付きでパカッと開くタイプのものであり、小銭の取り出しを非常にスムーズに行うことができます。片手にすっぽり収まる形状になっており、小銭の取り扱いがしやすい上、使っていて気持ち良さを感じられる形状と言えます。

「馬蹄型」は、半円の形状で、ふっくら丸みを帯びたフォルムなのが特徴です。形状的に多くの小銭を管理することができ、また高級感が非常に高いアイテムであり、大人としての品格を強力に高めてくれるアイテムです。

「ミニ財布型」は、通常の財布のサイズを小さくしたものであり、小銭のみならずカードやお札をまとめて管理することができます。小銭以外に、最低限のカードやお札、領収書、また場合によっては鍵なども入れて管理したい方には非常にオススメです。

コインケース(オーダーメイド)の製品をご紹介!

このサイトを運営している「Livelty TOKYO」では、素材が「革」でできたオーダーメイドのコインケースを販売しております。実績豊富な技術力の高い熟練職人が、お客様の大切なコインケースを、手間暇をかけて一つ一つ丁寧に縫製して作り込んでいきます。

他の店舗と比べてリーズナブルな価格で、高品質なオーダーメイドのコインケースをご提供しております。また無料で「名入れ刻印」に対応しており、特別なオーダーメイドのお買い物に、より特別感を醸成します。

ここでは、Livelty TOKYOが取り扱っているオーダーメイドの革のコインケースを「2つ」ご紹介します。

コインケース

手のひらにすっぽり収まるミニマルサイズでありながら、収納力抜群の機能性の高いコインケースです。

コインケース ¥21,780 (税込)

ふっくらと丸みを帯びた可愛らしいフォルムが特徴で、使い込むほどに経年変化(エイジング)により表情・風合いが変わり、愛着の湧く大切なアイテムになります。

パカッと大きく開くボックス型であり、開いて目に映る内部の色合いを好みのものにすることで、開くたびにドキッとして楽しい感覚を味わうことができます。

100円玉が40枚格納できる収納力であり、多くの小銭をメインの財布とは分けて持ち運びたい方に非常にオススメです。是非オーダーメイドで素材や色を好みの組み合わせにし、日々使うお手元のアイテムから毎日に彩りを加えていただければと思います。

馬蹄コインケース

「馬蹄型」であり、無骨なイメージが強い馬蹄コインケースを「シュランケンカーフ」により上品に仕立てた逸品です。

馬蹄コインケース ¥32,780 (税込)

上品さ・高級感が最高に醸し出されており、他の人に自信を持って見せられる自慢のアイテムとなるでしょう。

馬蹄型のコインケースは硬い革で作るか、硬い芯材を入れて縫製するのが一般的です。こちらのコインケースは、内装のポケットに芯材を使わず革本来のコシだけで整形をしています。シュランケンカーフが持つしなやかさを活かしたコインケースです。

豊富な選択肢の中から色合いを決めることができ、無骨なイメージの馬蹄コインケースに遊び心を加えた色合いにするのも良いでしょう。

まとめ:コインケース(オーダーメイド)で、日々をスマートに!

この記事では、オーダーメイドのコインケースに興味を持っているあなたに向けて、購入前に知っておくべき魅力や商品選びのポイント、またオススメの商品をご紹介しました。

メインの財布と分けて小銭を管理することができ、カードをスマホで管理している場合、スマホとコインケースのみであらゆるお買い物を済ませることができます。キャッシュレス化・スマート化が進む現代でも、コインパーキングや自動販売機などで使うために最低限の小銭は持ち歩きたいところです。しかし、メインの財布に小銭をたくさん入れて不恰好な見た目にはしたくありません。そんな時に、コインケースは非常に活躍します。

オーダーメイドでこだわりの詰まった特別なアイテムにし、また素材に「革」を使うことで高級感を演出できます。是非コインケースを使うことで日々に彩りを加え、おしゃれでスマートな毎日をお過ごしいただければと思います。