Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > 【完全解説】キーケース(革 | レディース)選びを、絶対失敗しないために
【完全解説】キーケース(革 | レディース)選びを、絶対失敗しないために

鍵をまとめて管理できる「キーケース」は便利なだけでなく、ファッションアイテムとしても非常に人気です。

日常的に使うアイテムには、自分の個性やこだわりを出し、ファッション性の高いものを選びたいと思うのが普通です。外出時に常に持ち歩く物に「財布」と「スマホ」、そして「鍵」があります。鍵はそのままポケットやカバンに入れたり、財布に入れるという方も多いでしょうが、鍵の持ち運びに非常に便利なのが「キーケース」です。

また上質な革を使ったキーケースは、持ち物へのこだわりが強い女性にうってつけのアイテムです。

キーケースには、様々な種類があります。キーケース選びで悩みすぎず、自分に合ったキーケースを購入して気持ちよく使い続けるために。この記事では、キーケースの種類や選び方、また素材が「革」で、なおかつ「オーダーメイド」がオススメである理由をお伝えします。さらに、革のキーケースでオススメのアイテムをご紹介します。

是非、キーケース選びの参考にしていただければと思います!

目次

キーケースの種類

キーケースには、様々な種類のものが存在します。キーの留め方や素材、大きさなど、様々な観点から分けることができますが、ここでは特に「キーの留め方」に着目し、3つの種類をご紹介します。

それぞれの種類の特徴を理解することで、自分に合ったキーケースを選べるようになります。

フック式

キーケースの中で最もオーソドックスなのが、この「フック式」です。

ケースの中に複数のフックが付いており、各フックごとに1つの鍵を収納します。鍵を横並びで綺麗に管理することができ、また取り外しを素早く行えるのが特徴です。

フック式のキーケースの中には、カードポケットなど鍵以外のアイテムを収納できるオプションが付いているものも多く、財布代わりに使えるのもポイントです。

フックの数が「4つ」もしくは「6つ」のものが多く、フックの数が増えるほど当然厚みや重さが増えます。「4つ」のほうがスリムでコンパクトに持ち運びができ、レディース向けといえます。

自分が普段持ち歩く鍵の数を把握し、適切なフック数のキーケースを選択しましょう。

リング式

出典:amazon.co.jp

管理したい鍵の本数が多い方にオススメなのが、「リング式」です。

キーホルダーなどでよくある輪っかになった二重構造のリングであり、リングを開いて鍵を通すことで、複数の鍵をまとめて管理できます。

ものによってはリングを開くのに多少力が必要であったり、ピンセットを使う必要があるかもしれません。しかしその分、一度鍵を付けてしまえば弾みなどで外れることもないため、キーケースから鍵が外れて紛失してしまうリスクはほとんどなくなります。

ネジ式

出典:amazon.co.jp

普段持ち運ぶ鍵の本数が2〜3本と少なく、スリムでコンパクトなキーケースをお探しであれば、「ネジ式」がオススメです。

キーケースに付いているネジに、鍵の穴を通してまとめて管理するタイプのものであり、鍵の装着や取り外しには多少の手間がかかりますが、固定強度が非常に高いのが特徴です。

余分な金属がない分、スマートな見た目であり、ポケットにも収まりやすいサイズ感です。スマートさが一つの売りであるネジ式ですから、4本以上の多くの鍵を付けてしまうとそのスマートさが若干なくなりますので、基本的には「持ち運ぶ鍵の数が少ない人」が使うアイテムとなります。

キーケースの選び方

「キーの留め方」の観点から、「フック式」「リング式」「ネジ式」の3つの種類の特徴をお伝えしましたが、これを踏まえて実際にキーケースを選ぶ際に考慮すべきポイントを3つご紹介します。

● 普段持ち運ぶ鍵の本数から選ぶ
● 素材
● 機能性とデザイン性

順に見ていきます。

普段持ち運ぶ鍵の本数から選ぶ

普段持ち運ぶ鍵の本数によって、選ぶべきキーケースは異なります。例えば、持ち運ぶ鍵の本数が「10本」であれば、リング式を選ぶのが良いでしょう。リング式であれば、あまり鍵の数が多すぎるともちろんかさばりますが、多くの鍵を持ち運ぶことができます。

フック式のキーケースの多くは4連か6連(フックの数が4つか6つ)ですが、フックの数をカスタマイズできるものもあります。持ち運ぶ鍵の本数が4つであれば、4連のフック式のキーケースを選ぶのが良いでしょう。

また、車の鍵と家の鍵しか普段持ち歩かないなど本数が限れられており、ポケットなどに入れてスマートに持ち運びたい場合は、ネジ式がオススメです。

もちろん、鍵の本数が2本だからといってリング式が合っていないかというと、そうでもありません。キーの留め方や形状など、最終的には「どれが好みか」というところに行き着きますので、あくまで一般的な情報として参考程度にしていただければと思います。

素材

多くのキーケースでは、素材に「革」が使われています。その他にも、ナイロンやエナメル性の素材が使われることもあります。

革のキーケースには、上品さや高級感があり、品格を上げたい大人の女性にうってつけです。手触りの良いものが多く、使い込むごとに「経年変化(エイジング)」により色艶が出て、「味」が醸成されます。また耐久性が高く、物持ちが良いのも特徴です。

アウトドアシーンが多い方には、ナイロンの素材もオススメです。カジュアルな持ち運びに適しており、水に濡れても劣化しづらく、リーズナブルな価格で購入することができます。耐久性も高く、長く使い続けられます。

可能であれば店舗に直接足を運び、実際に手に触れて質感を確認するのがオススメです。

機能性とデザイン性

日常的に活用するキーケースですから、機能性には最大限こだわりたいところです。キーケースを財布代わりに使用したい方には、パスケース付きのキーケースがオススメです。交通系ICカードやキャッシュレスカードなどをスマートに収納することができ、キャッシュレス社会の現代において非常に人気のアイテムです。

また、キーケースの中には小銭を一緒に保管できるタイプのものもあります。ファスナー式の小銭入れが一体型になっており、キャッシュレス派だけどコインパーキングなどの現金払いの備えとして、多少の小銭を持っておきたい方にオススメです。

その他にも、スマートキーの保管に適したタイプのものなど、使用シーンごとに適する様々な種類のものがありますので、自分の使用シーンと照らし合わせて、最適な機能性を備えたキーケースを選ぶと良いでしょう。

もちろん、デザイン性は長く使い続けるために機能性と並んで重要です。いくら機能性が良くても、好きなデザインでなければ飽きてしまい、長く使い続けることができないかもしれません。キーケースには様々なデザインのものがありますので、素材と同じく、こちらも可能な限り店舗に直接足を運び、自分の目で見て好みのデザインのキーケースを選ぶのがオススメです。

キーケースで「革」がオススメな理由(レディース向け)

キーケースの多くは素材に「革」が使われていますが、先述のように他にもエナメルやナイロンなど、様々な素材のキーケースが存在します。その中でも、やはりオススメなのは「革」です。ここでは、キーケースで「革」がオススメな理由を3つご紹介します。

● 経年変化(エイジング)を楽しめる
● 質感・手触りの良さ
● 丈夫で長持ちする

順に見ていきます。

経年変化(エイジング)を楽しめる

キーケースは、日常的に活用し、直接手に触れる機会の多いアイテムです。手に触れる機会の多いアイテムには他にもスマホ(ケース)や財布などがありますが、こういったアイテムには「革」がオススメです。

素材が革でできたアイテムは、使い込むほどに「味」が出てきます。

この「味」は、「経年変化(エイジング)」により醸成されます。革製品は使い込むほどに、手の脂が革に浸透したり、太陽の光などにより風合いが変わります。購入時と色や触り心地が変わってきますが、これは決してただの劣化ではありません。持ち主によって経年変化(エイジング)の仕方は変わり、これが持ち主特有の「味」になります。

毎日のように触れるキーケースだからこそ、この経年変化を最大限楽しんでいただけます。

質感・手触りの良さ

「革」といっても様々な種類のものがありますが、革の特徴の一つに「手触りの良さ」があります。「手触りの良さ」とは、つまり「触っていて、気持ち良い」ということです。

毎日のように触れる、キーケース。実用性やファッション性に手触りの良さが加わることで、より気持ちよく、愛着を持って使い続けられることでしょう。

革製品の購入時には、お店などに行って実際に製品を手に取り、触り心地を確認しておくことがオススメです。長いお付き合いになるキーケースだからこそ、できる限り「気持ち良く」使えたほうが良いでしょう。

丈夫で長持ちする

一般的に、革製品は「丈夫で長持ち」します。革本来の素材の強さにより、多少の衝撃があっても壊れて使えなくなることはほとんどありません。長く使い込むことで傷や汚れが目立ってきたとしても、多くのお店で革製品のリペア(修理)のサービスがリーズナブルな価格で提供されているため、直して使い続けることができます。

上品で高級感のある革のキーケースですが、基本的にキーケースは短期間で買い換えるものではなく、長く使い続けることが普通です。

革の強さは、キーケースを長く使い続けるために非常に重要です。キーケースを購入するなら、使い込むほどに経年変化により味が醸成され、長く使い続けられる「革」のキーケースを選ぶことを強くオススメします。

キーケースで「革」かつ「オーダーメイド」がオススメな理由(レディース向け)

キーケースの素材には「革」がオススメであることをお伝えしましたが、さらに「オーダーメイド」のキーケースが、非常にオススメです。

先述の通り、上品で高級感のある革のキーケースは、短期間で買い換えるものではなく、長く使い続けるのが一般的です。使い込むほどに経年変化により味が醸成され、革のキーケースが持ち主にフィットしていきます。長い付き合いになる革のキーケースだからこそ、「オーダーメイド」との相性は非常に良いです。

オーダーメイドとは、「お客様の注文・要望に応じて、世界に一つだけのアイテムを作ること」です。多くの人は、持ち物に個性やこだわりを反映させたいと考えています。店頭に並んでいる既製品を購入することでも個性やこだわりの反映はできますが、注文・要望を出し、それを元に職人が手間暇をかけて縫製する世界に一つだけの革のキーケースは、まさに個性やこだわりの塊であり、希少性の極みです。

日常的に手に触れる機会が多い、長く使い続けることが前提の革のアイテムには、オーダーメイドがうってつけです。スマホケースや財布なども、オーダーメイドで素材に革が使われたアイテムは大人気です。経年変化によりアイテムの表情・風合いが変わるのを楽しみながら、自分のためだけに作られた世界に一つだけのアイテムを使うことには、機能性やデザイン性を超越した楽しさがあります。

キーケースなど革製品を取り扱っている「Livelty TOKYO」について

このサイトの運営元であるLivelty TOKYOは、革のキーケースをはじめ、バッグや財布などの製品から、AirPods Proケースやアップルウォッチレザーバンドなどのニッチな製品まで、幅広いジャンルの製品を取り扱っております。

先ほどオーダーメイドについてご説明しましたが、Livelty TOKYOでは革製品のオーダーメイドサービスを提供しており、オーダーメイドの革のキーケースをお探しであれば、Livelty TOKYOをお選びいただければ間違いありません。

オーダーメイドの実績が豊富であり、熟練職人がお客様の要望を形にするため、一つ一つ丁寧に縫製して作り上げていきます。

無料で名入れ刻印に対応しており、お客様の人と被らない特別なお買い物に、より特別感を醸成します。

すぐに革のキーケースの購入を検討していなかったとしても、些細な疑問や聞いてみたいことなどございましたら、是非お気軽に中目黒の店舗まで足をお運びください!

キーケースで素材が革のアイテムを紹介!(レディース向け)

それでは、Livelty TOKYOが提供している革のキーケースをご紹介します。オーダーメイドであるため、多くの既製品と比べて多少値段は張りますが、長く使い続ける革のキーケースだからこそ、個性やこだわりを最大限反映させたオーダーメイドは非常にオススメです。

ここで紹介する製品は、「SecKEYCASE」です。

SecKEYCASE ¥32,780 (税込)

車の鍵も自宅の鍵も全てを手軽に収納したい人のための、ビッグラウンドキーケースです。

一般的なキーケースでは車の鍵が収まらないため、車の鍵も自宅の鍵も全てが収まるキーケースが欲しい。そのようなお客様の声をよく聞きます。お客様の声を元にピンポイントの問題解決のために開発されたのが、この製品です。

見開きタイプのラウンドファスナーにしているため、閉めた状態でも鍵が使える便利な構造設計となっております。

まとめ:キーケース(革 | レディース)で、日々に彩りと楽しさを!

この記事ではキーケースの種類や選び方、また素材が「革」で、なおかつ「オーダーメイド」がオススメである理由をお伝えしました。さらに、革のキーケースでオススメのアイテムをご紹介しました。

鍵の管理・持ち運びに、キーケースは非常に便利です。様々な種類のキーケースが存在しますが、素材は「革」がオススメで、自分の使用シーンを想像して、適切な種類・機能性のキーケースを選ぶことをオススメします。

キーケースは、一般的に長く使い続けることが前提のアイテムです。丈夫で耐久性が高い「革」は、そんなキーケースにうってつけです。日々手に触れることで色艶などの味が醸成されるのを楽しみながら、長く楽しく使い続けられるよう、是非納得のいく、こだわりの一品をお選びいただければと思います!