Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > キーケースをプレゼントするなら、「オーダーメイドの革」がおすすめ!種類や選び方も解説
キーケースをプレゼントするなら、「オーダーメイドの革」がおすすめ!種類や選び方も解説

「キーケース」は、鍵をまとめて管理することができる便利なアイテムです。カードや小銭を一緒に管理できるものもあり、その機能性・使い勝手の良さから、多くの方が愛用しています。

キーケースは、常日頃活用するアイテムです。外出の際に家の鍵や自転車の鍵、職場の鍵、車の鍵などをまとめて持ち運ぶことができます。使う頻度が多いアイテムだからこそ、特別な想いを込めて贈るプレゼントにうってつけと言えます。

キーケースをプレゼントするなら、断然「オーダーメイドの革」がおすすめです。素材に「革」が使われている製品は、案外身近に数多く存在しているものです。しかし、「オーダーメイド」の製品は、身近に数多く存在しているものではありません。あなたは、何かしらオーダーメイドの製品は持っていますか?一切持っていないという方もいるかと思います。

オーダーメイドで作られた製品というのは、「特別感」に溢れています。特別感はプレゼントに重要な要素であり、オーダーメイドの革のキーケースをプレゼントすれば、きっと相手に最高に喜んでもらえるでしょう。

この記事では、キーケースの種類や選び方、「オーダーメイドの革」がおすすめな理由を詳しくお伝えし、またLivelty TOKYOが提供している、プレゼントに適したおすすめのキーケースをご紹介します。

是非、キーケースのプレゼント選びの参考にしていただければと思います!

目次

キーケースを持つメリット

そもそも「キーケース」とは、その名の通り「鍵(キー)のケース」です。「鍵をまとめる」役割を持っており、鍵の管理がしやすくなるアイテムです。

ここでは、キーケースを持つメリットを3つご紹介します。

スマートに複数の鍵の持ち運びができる

キーケースの本来の役割の通り、何と言っても「鍵をまとめて管理・持ち運びできる」というのが一番のメリットです。

「鍵」と言っても、車の鍵、自転車の鍵、職場の鍵、家の鍵など、様々な種類のものがあります。それぞれの鍵にキーホルダーを付けて別々に持ち運んでいる人もいますが、どうしても管理が煩雑になります。キーホルダーなども付けずに財布の中に入れて持ち運ぶ人もいますが、鍵の本数が増えるとこれもやはり面倒です。

キーケースを持っていれば、鍵の本数が増えてもスマートに、まとめて管理・持ち運びができます。

キーリング特有の鍵がぶつかる音をなくせる

複数の鍵を持ち運ぶ際に、「キーリング」を使っている方も多いかと思います。これは金属製の輪っかに複数の鍵を通せるものであり、複数の鍵をまとめて管理できる便利なアイテムです。

しかし、キーリングを使っていると鍵同士がぶつかり、ジャラジャラと音が鳴ってしまいます。鍵を取り出す際に毎回音が鳴ってしまうことを気にする方もいるでしょう。

また、キーリングをむき出しの状態でバッグの中に入れておくような場合、内面に擦れてバッグが傷んでしまったり、一緒に入れている他の物を傷つけてしまう可能性もあります。

もちろん、キーリングにはキーケースと比べてかさばらずよりスリムに持ち運びができるというメリットもありますが、音の軽減やバッグの中に入れた際の安全性という観点から、キーケースの活用は非常におすすめです。

鍵の紛失防止になる

鍵をまとめて管理・持ち運びができて、鍵の本数が増えても管理に困らないということは、つまり「鍵の紛失防止になる」ということです。

キーケースを使わずに鍵をそれぞれバラバラに持ち運ぶ場合、ポケットに入れるにせよ、財布やバッグに入れるにせよ、紛失のリスクが高くなります。当然ながら、鍵の種類が増えるほどに探す際の手間が大きくなります。

鍵をバラバラで管理していると、仮に道端で落としてしまった時に探すのが非常に大変です。キーケースでまとめて管理していると、比較的探すのが楽で、また他の人が見つけてくれて交番に届けてくれるかもしれません。

「キーケースを使うことで、鍵の紛失防止になる」というのは、大きなメリットです。

キーケースをプレゼントすることの意味

ここで一旦、「なぜ、膨大な選択肢がある中で、キーケースをプレゼントするのか」を考えてみましょう。

大前提、キーケースは「便利で実用的」です。プレゼントを贈ろうとしている相手がいつも鍵をバラバラに管理していたり、鍵を失くすことが多いような場合は、キーケースをプレゼントすることできっと喜んで使い続けてくれるでしょう。

また、キーケースは外出時に常日頃持ち歩くものだからこそ、「これからも一緒にいよう!」という気持ちを伝えることができます。恋人や夫婦間でプレゼントすることが多いアイテムであり、もちろん男性同士でも「これからも仲良くしようね」という意味合いを込めてプレゼントすることもあります。

プレゼントに大切なのは、「相手が欲しいものを贈ること」と、「気持ちを込めること」です。キーケースはまさにこの両方を満たす、実用的かつメッセージ性があるアイテムであり、プレゼントにうってつけです。

キーケースのプレゼント前に知っておきたい、【種類】

プレゼント用にキーケースを購入する前に、キーケースの「種類」についてしっかり理解しておきましょう。

キーケースには、様々な種類のものが存在します。キーの留め方や素材、大きさなど、様々な観点から分けることができますが、ここでは5つの種類をご紹介します。

それぞれの種類の特徴を理解することで、自分に合ったキーケースを選べるようになります。

リング式

出典:amazon.co.jp

キーホルダーなどでよくある、輪っかになった二重構造のリングに、鍵を通して使います。管理したい鍵の本数が多い場合は、このリング式がおすすめです。

リングに直接鍵を通すものもあれば、リングにフックが付いていて、そのフックに鍵を通すものもあります。

取り付けや取り外しに多少の手間を要しますが、一度鍵を付けてしまえば弾みなどで外れることもないため、キーケースから鍵が外れて紛失してしまうリスクはほとんどなくなります。

様々なタイプの鍵を取り付けることができる、機能性抜群のアイテムです。

フック式

ケースの中にいくつかフックが付いており、フックの数だけ鍵を収納できます。多くのフック式のキーケースでは、フックの数が「4つ」か「6つ」となっています。当然、フックの数が増えるほどに重さや厚みが出ますので、まとめて管理したい鍵の本数によって、フック数を選ぶと良いでしょう。

取り外しがしやすく、収納力に優れています。その収納力の高さから、カードや紙幣などを一緒に入れて持ち運び、財布代わりに使うこともできます。

普段持ち歩く鍵の数を把握し、適切なフック数のキーケースを選択しましょう。

ネジ式

出典:amazon.co.jp

普段持ち運ぶ鍵の本数が2〜3本と少なく、スリムでコンパクトなキーケースをお探しであれば、「ネジ式」がオススメです。

キーケースに付いているネジに、鍵の穴を通してまとめて管理するタイプのものであり、ネジで固定されるため、落下の心配がありません。

余分な金属がない分、スマートな見た目であり、ポケットにも収まりやすいサイズ感です。スマートさが一つの売りであるネジ式ですから、4本以上の多くの鍵を付けてしまうとそのスマートさが若干なくなりますので、基本的には「持ち運ぶ鍵の数が少ない人」が使うアイテムとなります。

チェーン式

出典:amazon.co.jp

あまり認知されていませんが、使いこなせると非常に便利なのが、この「チェーン式」です。

キーケースの内部にチェーンが付いており、その先のリングやフックに鍵を取り付けます。一般的にはケース自体にファスナーが付いており、閉じてもチェーンだけ外に出すことができるタイプのものが多く、すぐに鍵を取り出すことができます。

ズボンのポケットに入れたまますぐに鍵を取り出して使うことができるため、機動性に優れていると言えます。

スマートキー対応型

出典:amazon.co.jp

「スマートキー」とは、鍵を直接車に接触させずとも、ボタン一つでドアの開場・施錠ができるものです。一昔前は高級車のオプションとして付いているものが中心でしたが、今ではほとんどの車に標準装備されています。

スマートキーを持っている場合は、通常のキーケースでは他の鍵と一緒に管理できないこともあるため、スマートキーが収納できるタイプのキーケースを選ぶ必要があります。

スマートキーは、通常の鍵に比べて重さと厚みがあります。そのため、頑丈な素材で、収納力が高い少し大きめのサイズのものが多いです。最近では、通常のキーケースにスマートキー専用のリングが付いたタイプのものもあります。

キーケースのプレゼント前に知っておきたい、【選び方】

キーケースには様々な種類のものが存在し、また各キーケースごとにオプションが付けられたりもします。まずキーケースを選ぶ際は、「使用シーンをイメージすること」が重要です。プレゼント用に購入する場合は、贈る相手がどのような用途で、どのような使い方をするか想像し、適切なキーケースを選びましょう。

ここでは、キーケースを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

収納できる鍵の本数を確認!

キーケース選びの基本は、「鍵をどれぐらい収納できるか」です。先ほどキーケースの種類を紹介しましたが、種類によって管理できる鍵の本数は異なります。

例えば、持ち運ぶ鍵の本数が「10本」であれば、リング式を選ぶのが良いでしょう。リング式であれば、あまり鍵の数が多すぎるともちろんかさばりますが、多くの鍵を持ち運ぶことができます。

フック式のキーケースの多くは4連か6連(フックの数が4つか6つ)ですが、フックの数をカスタマイズできるものもあります。持ち運ぶ鍵の本数が4つであれば、4連のフック式のキーケースを選ぶのが良いでしょう。

また、車の鍵と家の鍵しか普段持ち歩かないなど本数が限れられており、ポケットなどに入れてスマートに持ち運びたい場合は、ネジ式がオススメです。

もちろん、鍵の本数が2本だからといってリング式が合っていないかというと、そうでもありません。キーの留め方や形状など、最終的には「どれが好みか」というところに行き着きますので、あくまで一般的な情報として参考程度にしていただければと思います。

サイズを確認!

服のポケットに入れて持ち運びたい場合は、スリムでコンパクトな形状のものを選ぶと良いでしょう。鍵の管理本数が2,3本程度にも関わらず、フックが6つ付いているぶ厚めのキーケースを選んでしまうと、鍵の持ち運びがただ不便になるだけです。

鍵以外に、例えば小銭や紙幣なども一緒にまとめて管理し、財布代わりに使いたいという場合は、小銭一体型の収納力が高いキーケースを選ぶと良いでしょう。

間違っても、車を持っておらずスマートキーを管理する必要がないにもかかわらず、スマートキーを入れる専用のスペースがあるようなキーケースを購入するというミスはしないように気をつけましょう。

鍵の付け外しの容易さを確認!

鍵の付け外しがどれぐらい楽にできるかも、しっかり確認しておきましょう。例えば、頻繁に自転車に乗る方であれば、毎回自転車の鍵の付け外しに手間がかかったり、力を入れる必要があるようなものは向いていないかもしれません。

そのような場合には、ネジ式やリング式よりも、フック式のほうが使い勝手が良いでしょう。鍵の収納可能本数やサイズ、デザイン性だけで決めてしまうと、プレゼントを贈る相手にとって最高だと思って購入したキーケースが、実は相手にとって使い勝手が悪かったことに後から気づきます。使い勝手が悪ければ、ずっと長く使い続けてもらえないかもしれません。

鍵の付け外しに少し手間がかかるタイプのものは、落下して紛失するリスクが低いと言えます。よく鍵を失くしてしまうような方へのプレゼントであれば、多少付け外しに手間がかかる場合でも、がっちり固定できるタイプのものが良いかもしれません。「相手の目線で」、使用シーンをイメージして適切なキーケースを選びましょう。

キーケースのプレゼントなら、「オーダーメイドの革」がおすすめな5つの理由

ここまで、キーケースを持つメリットや、キーケースの種類、選び方についてお伝えしてきました。便利で実用的であり、プレゼントを贈る相手に「これからもよろしく!」というメッセージ性を伝えることができるキーケースですが、キーケースの中でも特に「オーダーメイドの革」がおすすめです。

「オーダーメイド」とは、「注文を受けてから、作ること」です。オーダーメイドといえばスーツが代表的で、オーダーメイドスーツでは採寸を行い、お客様にマッチした最適な一着を仕上げるものですが、キーケースでも同じようにオーダーメイドがあります。

また、素材が「革」でできた製品には、魅力が詰まっています。ここでは、プレゼント用のキーケースに「オーダーメイドの革」がおすすめな理由を5つ紹介します。

長く使うアイテムだからこそ、特別なものが良い!

一般的にキーケースは、頻繁に買い換えるようなものではなく、人によっては永年使い続けます。そんな長く使うアイテムだからこそ、「特別な」キーケースを持つのが良いです。

オーダーメイドで作られたキーケースは、誰とも被ることがない、世界で一つだけのアイテムです。あなただけの唯一無二のアイテムですから、当然ながら希少性が高く、特別なものです。高級なブランド品でも、このオーダーメイド特有の希少性は持っていません。

自分自身はもちろん、人の目にも触れる機会が多いキーケースだからこそ、見るたびに少し楽しい気分になれるような、そんな特別感のあるオーダーメイドのキーケースがおすすめなのです。

相手の好みに合わせて、素材や色合いなどをカスタマイズできる!

オーダーメイドの製品では、注文者が要望を出し、その要望に沿って製品を作っていきます。その性質上、プレゼントを贈る相手の好みに応じて、できあがるキーケースをカスタマイズすることができます。

どのようにカスタマイズできるかは、お店や商品によって異なります。多くの場合、素材や色合いをカスタマイズできます。事前に相手の好みの素材の質感や色合いを確認しておくことで、相手に最高に喜んでもらえるキーケースに仕上げることができます。

こちらから要望を出してカスタマイズができるオーダーメイドのお買い物は、非常に楽しいものです。「どんな色合いにすれば喜んでもらえるかな」などと想像しながら、是非オーダーメイド製品の「購買体験」も楽しんでいただければと思います。

プレゼントを通して、「想いを伝える」ことができる!

プレゼントは、「ただ高価なもの」を贈れば喜ばれるわけではありません。また、「ただ実用的なもの」「ただ見た目が良いもの」を贈れば喜ばれるわけでもありません。一番大切なのは、「想いを伝える」ということです。

オーダーメイドの製品は、まさに「想いを伝える」ということに適しています。店頭に並んでいる既製品と比べて、オーダーメイド製品の購入には手間がかかります。お金を支払ってすぐに持ち帰られるわけではなく、購入してから自宅に届くまでに納期を要します。また、既製品と比べてより価格がかかる場合が多いです。

しかし、これらの手間は、「想いを伝える」という点から見ると必要なものと言えます。「どんなふうにカスタマイズすれば、喜んでくれるかな」と悩むその時間は、プレゼントを贈る相手のことを思い浮かべているはずです。プレゼントを渡すまでの「過程」は、プレゼントを通してきっと相手に伝わるはずです。

また、素材や色合いなどをカスタマイズできるため、カスタマイズに込めた意味合い・想いなどもプレゼントを贈る際に一緒に伝えると、より想いが伝わるでしょう。

手に触れる機会が多いからこそ、革特有のエイジングを楽しめる!

ここまでの3つはオーダーメイド製品の魅力に関するものですが、ここからの2つは「革製品」の魅力です。キーケースは手に触れる機会が多いアイテムであり、革以外の素材であれば、その分劣化が早くなります。

革製品には、革特有の「エイジング(経年変化)」と呼ばれるものがあります。これは、革製品を使い込むほどに生じる変化のことであり、革製品ではこれが「味」として捉えられます。

一般的に多くの製品では、使い込むほどに製品に変化が生じることを「劣化」として捉えますが、革製品ではこれが「味」になります。使い込むほどに色艶や光沢感が出てきて、革製品が持ち主にフィットしていきます。持ち主の使い方や環境などにより、このエイジングの仕方は変わります。

革製品は丈夫であるため、長く使い続けることができます。その分エイジングを長く楽しむことができ、プレゼント用のキーケースに付加価値が付きます。

手触りの良い質感で、触って楽しい!

素材が「革」でできた製品は、手触りの良いものが多いです。キーケースは頻繁に手に触れるアイテムだからこそ、触るたびに手触りの良さを感じられるというのは、大きな魅力になります。

革のキーケースを購入する際は、できればお店に足を運び、直接革の質感を確認することをおすすめします。ネットから購入できるお店もありますが、革製品の購入をネットだけで完結させてしまうと、期待していたものとは異なる質感の製品が届くかもしれません。

自分とプレゼントを贈る相手で好みの質感が異なるかもしれませんが、それでも革製品の魅力を体感するためにも、自分の手で実際に触れてみて質感を確認しましょう。サプライズでなければ、プレゼントを贈る相手と一緒にお店に行くのも良いかもしれませんね。

キーケースのプレゼントにおすすめの、Livelty TOKYOの特徴

このサイトの運営元であるLivelty TOKYOは、革のキーケースをはじめ、バッグや財布などの製品から、AirPods Proケースやアップルウォッチレザーバンドなどのニッチな製品まで、幅広いジャンルの製品を取り扱っております。

先ほどオーダーメイドについてご説明しましたが、Livelty TOKYOでは革製品のオーダーメイドサービスを提供しており、オーダーメイドの革のキーケースをお探しであれば、Livelty TOKYOをお選びいただければ間違いありません。

オーダーメイドの実績が豊富であり、熟練職人がお客様の要望を形にするため、一つ一つ丁寧に縫製して作り上げていきます。

無料で名入れ刻印に対応しており、お客様の人と被らない特別なお買い物に、より特別感を醸成します。

すぐに革のキーケースの購入を検討していなかったとしても、些細な疑問や聞いてみたいことなどございましたら、是非お気軽に中目黒の店舗まで足をお運びください!

キーケースのプレゼントにおすすめのアイテムを紹介!

それでは、Livelty TOKYOが提供している革のキーケースをご紹介します。オーダーメイドであるため、多くの既製品と比べて多少値段は張りますが、長く使い続ける革のキーケースだからこそ、個性やこだわりを最大限反映させたオーダーメイドは非常にオススメです。

ここで紹介する製品は、「SecKEYCASE」です。

SecKEYCASE ¥32,780 (税込)

車の鍵も自宅の鍵も全てを手軽に収納したい人のための、ビッグラウンドキーケースです。

一般的なキーケースでは車の鍵が収まらないため、車の鍵も自宅の鍵も全てが収まるキーケースが欲しい。そのようなお客様の声をよく聞きます。お客様の声を元にピンポイントの問題解決のために開発されたのが、この製品です。

見開きタイプのラウンドファスナーにしているため、閉めた状態でも鍵が使える便利な構造設計となっております。

まとめ:キーケースのプレゼントなら、「オーダーメイドの革」を選ぼう!

この記事では、キーケースの種類や選び方、「オーダーメイドの革」がおすすめな理由を詳しくお伝えし、またLivelty TOKYOが提供している、プレゼントに適したおすすめのキーケースをご紹介しました。

キーケースは便利で実用的であり、メッセージ性があるため、プレゼントにうってつけのアイテムです。様々な種類があり、選ぶものを間違えると使い手が不便に感じることがあるかもしれないため、各種類の特徴や選ぶ際のポイントを押さえた上で、相手の使用シーンに合ったキーケースを選びましょう。

外出時に常日頃持ち歩くアイテムだからこそ、特別感溢れる、手触りの良い「オーダーメイドの革のキーケース」はプレゼントに非常におすすめです。お店に直接足を運び、是非最大限納得のいくお買い物をしていただければと思います。