Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > レザー(革)のメガネケースに「オーダーメイド」を選ぼう!
レザー(革)のメガネケースに「オーダーメイド」を選ぼう!

メガネを掛けている人にとっての必需品である、「メガネケース」。メガネ購入時に一緒に付いてくる、プラスチックなどの素材のケースを長く使っている方も多いでしょう。

毎日手に触れ、目に触れるメガネケースだからこそ、上品でおしゃれな特別感のあるメガネケースを使ってみてはいかがでしょうか。

「レザー(革)」の素材でできたメガネケースには上品さがあり、おしゃれな見た目のものが多く、毎日使うたびにきっと特別感を感じることができます。そして、その特別感をより強くしてくれるのが「オーダーメイド」です。

オーダーメイドでできたメガネケースは、世界に一つだけのアイテムです。「誰とも絶対に被らない」という希少性は、物の価値を高め、持ち主にとっての特別感を醸成してくれます。

この記事では、「レザー(革)」のメガネケースがおすすめな理由と選ぶ際のポイント、そして「オーダーメイド」で作るべき理由を徹底解説します。また、オーダーメイドの革のメガネケースを取り扱っている「Livelty TOKYO」のおすすめのアイテムをご紹介します。

是非、毎日を彩ってくれる革のメガネケース選びの参考にしていただければと思います!

目次

レザー(革)のメガネケースがおすすめな5つの理由

メガネケースに特段こだわりを持っている人は、そこまで多くはないでしょう。しかし、手に触れる機会が多いアイテムであり、なおかつ大切なメガネを保管・保護してくれるものだからこそ、メガネケースの「素材」にはこだわりたいところです。

おすすめなのは、「レザー(革)」を使ったメガネケースです。ここでは、素材に「レザー(革)」がおすすめな理由を「5つ」紹介します。

毎日使うものだからこそ、上品なアイテムを選ぶべき

メガネを持っている方にとって、メガネケースは毎日のように使う必需品です。使用頻度が多いアイテムだからこそ、上品でおしゃれなアイテムを選びましょう。

革のメガネケースには上品でおしゃれなものが多く、大人の品格を高めてくれます。多くの人がこだわっていないアイテムだからこそ、こだわり素材のメガネケースを持つことで個性を際立たせることができます。

上品なアイテムを持つことで、自然と上品な振る舞いをするようになる「拡張自我」という言葉がありますが、メガネ購入時に一緒に付いてくるプラスチックなどのメガネケースを使っている方は、是非この機会に革のメガネケースに変えてみてはいかがでしょうか。

革独特の「味」を楽しめる

革製品では、革独特の「味」を楽しむことができます。革製品の大きな魅力の一つに「エイジング(経年変化)」があります。これは、使い込むほどに革の質感が変わったり色艶が出て、購入時とは製品の表情が変わることを表すものです。

エイジングにより、革製品に「味」が醸成されます。持ち主の使い方や、使う環境によりエイジングの仕方は異なり、これが持ち主特有・独特の「味」になるのです。

エイジングによる「味」の楽しさは、実際に革製品を長く使い続けることでのみ感じることができます。

毎日触れるアイテムだからこそ、手触りの良い質感で幸せをプラス

メガネを持っている方にとっての必需品であるメガネケースは、使用頻度が高く、毎日手に触れるアイテムです。だからこそ、触った時の感触・手触りの良い「革」がおすすめです。

革でできた製品の中で多くの人に人気のあるアイテムに、財布やバッグ、スマホケースがあります。この3つに共通しているものは、「手に触れる機会が多い」ことです。手触りの良い質感の「革」は、同じく手に触れる機会が多いメガネケースにもおすすめです。

手に触れる機会が多いため、先ほど紹介した「エイジング」もより早く進みます。革の手触りの良さと、革独特の「味」を楽しめます。

大切なメガネを、丈夫な革素材がしっかり保護してくれる

革製品には、「丈夫である」という特徴があります。大切なメガネを保護することが目的のメガネケースですから、丈夫であるに越したことはありません。

手に触れる機会が多いからといってすぐに劣化することはありませんし、むしろ革製品における変化は「エイジング」として、「味」を醸成してくれる大切なものです。

一般的に、メガネケースは人生の中で頻繁に買い替えるアイテムではありません。人生の中で数少ない買い物だからこそ、丈夫で頑丈な革のメガネケースを選ぶのが良いでしょう。

壊れづらいため、長く大切に使い続けられる

上品でおしゃれで、手触りの良い質感で、エイジングを楽しみながら長く大切に使い続けられるのが、「レザー(革)のメガネケース」です。

プラスチックのメガネケースと違い、地面に落としたりなど多少の衝撃があっても、基本的に壊れることはありません。人生の中で数少ない買い物であるメガネケースを、長く大切に使い続けることができます。

レザー(革)のメガネケースを選ぶ際の3つのポイント

レザー(革)のメガネケースには、様々な種類のものが存在します。「絶対にこれが良い!」というものはありませんので、使用シーンや好みに合わせて、長く使い続けることを前提に適したものを選ぶと良いでしょう。

ここでは、レザー(革)のメガネケースを選ぶ際のポイントを「3つ」紹介します。

「手触りの良さ」で選ぶ

革のメガネケースがおすすめな理由としても紹介しましたが、革製品の大きな魅力の一つに「手触りの良さ」があります。質感の好みは人によって異なりますので、購入時はできる限り実際に店舗に足を運び、直接手に触れてお好みの質感の製品を選ぶことをおすすめします。

革のメガネケースにはネットから注文できるものも多いですが、手触りの良さを確認するには、やはりネットで注文を完結させるのではなく、多少手間をかけてでもお店に直接足を運ぶのが良いです。

「サイズ感」で選ぶ

レザー(革)のメガネケースには、様々なサイズ感のものが存在します。ほとんどのメガネケースにおいてサイズ感は似ていますが、例えばバッグのポケットにすっぽり収まるサイズ感か、ズボンのポケットに入るぐらいのスリムなサイズ感かなど、人によってフィットするサイズ感はそれぞれです。

持ち運ぶ機会が多い方であれば、スリムでコンパクトなサイズ感のメガネケースが良いでしょう。持ち運ぶ機会が少なければ、多少分厚いメガネケースでも良いかもしれません。

「機能性やデザイン性」で選ぶ

どんなアイテムを購入する際にも、「機能性(使いやすさ)」と「デザイン性(見た目の良さ)」は特に重視するべきポイントです。

大前提、メガネにも様々なサイズ感・形状のものが存在するため、メガネに合ったメガネケースを選ぶ必要があります。機能性の面で、メガネをケースに保管する際、また取り出す際の容易さは大切です。人によっては、メガネケースに「メガネを保管する」以外の機能を求めるかもしれません。

デザイン性の面で、当然ながら自分の好みの色合いのメガネケースを持ちたいところです。表面はもちろん、内面の色合いも大切です。他の人の目に触れることがあるかもしれませんので、どんな場面で見せても問題がないように奇抜すぎるものではなく、ある程度見慣れた色合いにするのも良いでしょう。

レザー(革)のメガネケースに「オーダーメイド」がおすすめな3つの理由

ここまで、レザー(革)のメガネケースがおすすめな理由や選ぶ際のポイントをお伝えしました。レザー(革)のメガネケースの中でも、特に「オーダーメイド」のメガネケースがおすすめです。

「オーダーメイド」とは、「注文を受けてから、作ること」です。仕上がるアイテムは、注文者の要望を反映した、オリジナリティの高いものになります。ここでは、オーダーメイドのメガネケースがおすすめな理由を「3つ」紹介します。

「世界に一つだけ」という特別感を、エイジングと共に長く楽しめる!

「オーダーメイド」の性質上、仕上がるアイテムは「世界に一つだけ」の、誰とも被らないものです。この「世界に一つだけ」という特別感は、オーダーメイドだからこそ味わえるものです。

どんなに高価なブランド品を買ったとしても、この特別感を味わうことはできないかもしれません。オーダーメイドで作られるレザー(革)のメガネケースは、まさに希少性の塊といえます。

オーダーメイドの買い物は、特別です。当然ながら、オーダーメイドにより作られた製品は頻繁に買い換えるものではありません。レザー(革)の最大の魅力の一つである「エイジング」を楽しみながら、オーダーメイドならではの特別感を長く感じられることができます。

自分の「好き」を詰め込める!

注文者からの要望に沿って作られるオーダーメイド製品ですから、「こんなものを作りたい!」「こんな色合いにしたい!」といったように、自分の「好き」を詰め込んだアイテムに仕上げることができます。

「好きを詰め込める」というのは、オーダーメイドの最大の喜びといえます。メガネケースの場合は、表面と内面にそれぞれ好きな色を使ったり、また革の素材も好みのものを選ぶことができます。

自分の「好き」を詰め込んだ世界に一つだけのメガネケースを毎日のように使うことで、日々に彩りを加えることができます。

「どうカスタマイズしようかな」と悩む「購買体験」が楽しい!

オーダーメイドの買い物の醍醐味の一つに、「購買体験の楽しさ」があります。店頭に並んでおり、購入してすぐに持ち帰られる既製品と異なり、オーダーメイドの買い物では色合いや素材を決めて、組み合わせてカスタマイズし、職人に相談しながら注文し、手元に届くまでに日数を要します。

オーダーメイドの買い物には、多少の手間がかかります。しかし、この手間がオーダーメイドの買い物を楽しくしてくれます。「どうカスタマイズしようかな」と悩む時間は、楽しいものです。

自分のための買い物でももちろん楽しいですが、もしこれが大切な人へのプレゼントとなると、大切な人のことを思い浮かべながら時間をかけてカスタマイズの内容を決めることになり、最高に楽しい気持ちを味わうことができるでしょう。

レザー(革)のメガネケースを取り扱っている、Livelty TOKYOについて

このサイトの運営元であるLivelty TOKYOは、メガネケースをはじめ、バッグや財布などの製品から、AirPods Proケースやアップルウォッチレザーバンドなどのニッチな製品まで、幅広いジャンルの製品を取り扱っているオーダーメイドブランドです。

素材が「革」のオーダーメイド製品を提供しており、オーダーメイドのメガネケースをお探しであれば、Livelty TOKYOをお選びいただければ間違いありません。

オーダーメイドの実績が豊富であり、熟練職人がお客様の要望を形にするため、一つ一つ丁寧に縫製して作り上げていきます。

無料で名入れ刻印に対応しており、オーダーメイドのメガネケースに、より特別感を醸成します。

すぐにオーダーメイドのレザー(革)のメガネケースの購入を検討していなかったとしても、些細な疑問や聞いてみたいことなどございましたら、是非お気軽に中目黒の店舗まで足をお運びください!

Livelty TOKYOのレザー(革)のメガネケースを紹介!

それでは、Livelty TOKYOが提供している「オーダーメイド」の「レザー(革)」のメガネケースを紹介します。

一般的なメガネケースは意外とかさばるものですが、Livelty TOKYOのメガネケースは、スマートにコンパクトに、バッグチャームとしてファッションのアクセントに活用できます。

いつも使っているバッグに付けることでちょっとしたアクセントになり、普段のお出かけがより楽しくなります。

メガネケース ¥27,280 (税込)

少し大きめのサングラスサイズと、コンパクトなメガネサイズの2種類をご用意しております。

バッグに合った色にカスタマイズを行うことで、大切な人のお出かけに華を添えることができるでしょう。

まとめ:レザー(革)のメガネケースに「オーダーメイド」を選ぼう!

この記事では、「レザー(革)」のメガネケースがおすすめな理由と選ぶ際のポイント、そして「オーダーメイド」で作るべき理由をお伝えし、またオーダーメイドの革のメガネケースを取り扱っている「Livelty TOKYO」のおすすめのアイテムをご紹介しました。

上品でおしゃれであり、なおかつ丈夫でエイジングを楽しみながら長く使い続けられるのが、「レザー(革)」を選ぶべき理由です。また、自分の「好き」を詰め込んだ、世界に一つだけの特別なアイテムを持てるのは、「オーダーメイド」の最高の魅力です。

「レザー(革)」で「オーダーメイド」のメガネケースを購入し、是非毎日に幸せをプラスしていただければと思います!