Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > 【ビジネスマン必見】名刺入れは「オーダーメイド」で決まり!その理由とは
【ビジネスマン必見】名刺入れは「オーダーメイド」で決まり!その理由とは

新規営業先での、商談。取引先との、打ち合わせ。会合や展示会に足を運んだ時。初対面の方への挨拶として、ビジネスシーンの至る所で名刺交換の機会は発生します。

名刺交換の際に、自分の名刺を取り出し、相手から渡された名刺を格納するために使うのが、「名刺入れ」です。そして、名刺入れはあらゆるビジネスマンにとって、相手からの信頼を獲得するための初手として、こだわるべき非常に重要なアイテムです。

あなたは、ビジネスシーンにおいて相手からの信頼を獲得するために、人の目に触れても確実に恥ずかしくない、堂々と見せられる名刺入れをお持ちでしょうか。もし持っていないなら、是非「オーダーメイド」の名刺入れの購入を検討していただければと思います。

名刺入れの使用シーンをイメージしながら、相手にどんな印象を持ってほしいかなど考えて色合いを選び、作られた世界に一つだけのこだわりの名刺入れは、きっと様々なビジネスシーンにおいて、あなたの品格を高めてくれます。愛着が湧き、長く大切に使い続けられるでしょう。

この記事では、名刺入れにオーダーメイドがオススメな理由や、さらに素材には「革」が適している理由、また商品選び・お店選びのポイントなどをお伝えし、名刺入れとして使える多機能なオススメ製品をご紹介します。

目次

名刺入れへのこだわりは、ビジネスマンにとって必須!

冒頭でもお伝えしましたが、名刺入れはビジネスシーンの至る所で活用するアイテムであり、特に「初対面の人の目に触れる機会が多い」ことが特徴です。

初対面の人と、挨拶として名刺を交換する際に使う名刺入れですが、ビジネスマンにとってこの名刺入れへのこだわりは非常に重要です。名刺入れは、その人の社会的信用や、評価に直接関わってきます。「新規で契約を取れるかどうか」「契約を継続してくれるかどうか」「信頼感を持ってもらえた状態で、契約後にコミュニケーションが取れるか」など、企業の売上・利益に直接関わる場面で、持ち主の品格を上げてくれるような適した名刺入れを使っていると、それだけで有利に働くかもしれません。

初対面の際に相手の容姿や持ち物などの「見た目」から受け取る情報は、その後の相手の印象に長く引き継がれます。「メラビアンの法則」と呼ばれるものをご存知でしょうか。これは、「初対面の人に対しての第一印象は出会って数秒で決まり、特に視覚から得られる情報が最重要である」ことを伝えるものです。

多くのビジネスマンが、初対面で相手に与える印象に気を使っています。容姿や身だしなみのみならず、持ち物も当然重要です。相手から良い印象を受けられるような名刺入れを使っていれば、それだけで「この人は信頼できる人だな」と相手から思ってもらえるかもしれません。経営者など、会社の中で役職が上の人ほど、持ち物から相手への評価を潜在的に行います。

当記事の内容にしっかりお目通しいただき、相手からの信頼獲得に繋がるこだわりの名刺入れを、是非お持ちいただければと思います。

名刺入れに「オーダーメイド」がオススメな理由

ビジネスシーンにおいて、特に初対面の人との挨拶の際に相手の目に触れる名刺入れは、相手から「信頼できる人だ」とポジティブな印象を持ってもらうために、非常に重要なアイテムです。

そんな重要なアイテムである名刺入れですが、こだわりの名刺入れをまだ持てていない場合は、是非「オーダーメイド」の名刺入れをお持ちいただければと思います。

オーダーメイドとは、「注文を受けてから、作ること」です。こだわりを反映させた、世界に一つだけの希少性の高いアイテムを持つことができ、名刺入れ以外にもバッグや財布、スマホケースなど、あらゆるアイテムでオーダーメイドは非常に人気です。

ここでは、オーダーメイドの名刺入れがオススメな理由を3つご紹介します。

ビジネスの重要な場面で、自信を持って相手に見せられる

名刺入れは、「人に見られること」を強く意識するべきアイテムです。初対面の方に最初に持たれた印象は、長く関係を持ったとしてもなかなか変わるものではありません。最初に持たれたネガティブな印象をなかなか覆すことはできませんが、逆にポジティブな印象を持ってもらえれば、その後のビジネス上の関係・コミュニケーションが円滑になります。

オーダーメイドの名刺入れは、自らの要望を反映して作ったこだわりのアイテムです。そんな名刺入れであれば、会社の経営者や役職が上の人と対峙する際にも、自信を持って相手に見せることができます。そしてポジティブな印象を持ってもらえれば、それが商談などにおいてコミュニケーションを円滑に進められることに繋がります。

ビジネスの重要な場面で相手の目に触れることになる名刺入れだからこそ、人の目に触れても恥ずかしくない、むしろ堂々とできるオーダーメイドの自慢のアイテムを持ちましょう。

こだわりの名刺入れを持つことで、一目置かれる存在になる

相手からポジティブな印象を持ってもらえることに繋がる名刺入れですが、こだわりの上品なオーダーメイドの名刺入れを持つことで、周りから一目置かれる存在になるかもしれません。

他社の初対面の方からのポジティブな印象・評価の獲得に繋がることは先述の通りですが、社内の同僚や先輩、上司からの評価の獲得にも繋がります。

初対面の方からの印象を良くし、ビジネスにおいて成果を出せる確率を高めるためにオーダーメイドでこだわりの名刺入れを持つわけですから、きっと周りの方からそのプロ意識が評価されるでしょう。成果を出すために細かいところにまでこだわりを持てるというのは、他者との差別化要素になります。

愛着を持って、長く大切に使い続けられる

オーダーメイドにより作られた名刺入れは、世界に一つ、唯一無二のアイテムです。誰とも被らない個性やこだわりが詰まったアイテムだからこそ、物に愛着が湧き、長く大切に使い続けられます。

名刺入れは、日々のビジネスシーンにおいて苦楽を共にする、大切なパートナーです。様々な思い出が詰まった名刺入れですから、長く大切に使い続けたいところです。

オーダーメイドの名刺入れは、希少性の塊です。店頭に並んでいる既製品ではなく、個性やこだわりを詰められるところに魅力を感じて購入するオーダーメイド製品ですから、飽きることなく、長く大切に使い続けられるでしょう。

名刺入れのオーダーメイドの種類

「オーダーメイド」には、大きく「フルオーダー」と「パターンオーダー」という2つの種類があります。どちらを選ぶかで、価格や納期、どこまで要望を反映できるかなど、異なるポイントが多々あります。

どちらが良い悪いというものではなく、自分に適したオーダー方法を選択することが重要です。それぞれのオーダー方法の特徴を理解することで、適切な選択ができるようになります。

フルオーダー

「フルオーダー」は、お客様の「こんなものが欲しい!」という想いを、「ゼロベースから」形にするオーダー方法です。

お客様の頭の中のイメージは、間違いなく唯一無二です。そのイメージを元に作られるフルオーダーの名刺入れは、間違いなく世界に一つだけの、あなただけのものです。「自分のこだわりを細部にまで全て詰め込んだ、完全オリジナルの名刺入れが欲しい」という方には、フルオーダーの名刺入れをオススメします。

ゼロベースから作っていく性質上、お客様が店舗に足を運んでから職人が製作を始め、お客様の手元に届くまでに時間を要します。また時間を要する分、当然ながら価格も高くなります。

納期と価格を要するフルオーダーですが、「完全オリジナル」の、こだわりを詰め込んだ自分だけの名刺入れを持てることには、納期や価格を多少無視できるほどの大きな魅力があります。

パターンオーダー

「パターンオーダー」は、「既にある選択肢の中から」色や素材などの組み合わせを選び、注文内容に沿って製作するオーダー方法です。

実際に手に触れることで素材の質感を確認し、好みの素材を指定します。また実際に自分の目で見て確認して、パーツごとに好みの色を指定します。複数の選択肢から自分好みの組み合わせを指定して作られたパターンオーダーの名刺入れは、基本的に誰とも被ることはありません。

既にある選択肢の中から、色や素材などの組み合わせを指定して作る性質上、フルオーダーと比べて納期や価格は抑えられています。好みの組み合わせでこだわりを反映させたオーダーメイドの名刺入れを、リーズナブルな価格で比較的早く持つことができます。

フルオーダーの場合はゼロベースから作っていくため、お客様の注文の仕方や職人とのコミュニケーションの取り方によっては、想像していたものと少しずれた製品ができあがる可能性があることは否定できません。パターンオーダーであれば、素材を手に触れて質感を確認し、直接自分の目で色を確認して、既にある選択肢の中から組み合わせを選ぶだけであるため、このようなイメージ違いは起きづらい傾向にあります。

オーダーメイドでの注文に慣れていない方は、まずパターンオーダーからオーダーメイドの門を叩いてみるのも良いでしょう。

名刺入れのオーダーメイドなら、素材に「革」を使おう!

せっかくオーダーメイドの名刺入れを購入するなら、素材にもこだわりましょう。名刺入れには様々な素材のものが存在しますが、その中でも「革」の名刺入れが非常にオススメです。

ここでは、オーダーメイドの名刺入れに「革」がオススメな理由を3つご紹介します。

上品で高級感があり、ビジネスの重要な場面で使うアイテムにピッタリ!

革製品には、特有の上品さや高級感があります。また、大人の魅力を引き出す「渋さ」があります。「初対面の方との挨拶」という、ビジネスにおいて非常に重要な場面で使う名刺入れですから、相手からの社会的な信用や、個人に対しての評価を獲得するためにも、上品さや高級感に溢れる革の名刺入れを持つことがオススメです。

また、後ほどご紹介する「経年変化(エイジング)」と呼ばれる革特有の現象により、色艶や光沢感が出てきて、渋みが増し、これが持ち主の大人としての品格をより高めてくれます。

丈夫で長持ちし、大切な名刺入れを大切に使い続けられる

革製品には、「丈夫で長持ちする」という特徴があります。せっかくオーダーメイドで、日々の苦楽を共にするパートナーとなるこだわりの名刺入れを購入するわけですから、長く使い続けたいと思うのが普通です。

強度が高いため、路上でコンクリートの地面に落としたりなどの衝撃があっても、損傷して使えなくなるということは基本的にありません。名刺入れは頻繁に手に触れるアイテムですが、革製品であれば色などにもよりますが、傷や汚れが目立ちにいくいです。

オーダーメイドの大切な名刺入れだからこそ、丈夫で長持ちする「革」の素材のものを購入しましょう。

経年変化(エイジング)が、持ち主の品格を高める

手に触れる機会が多いアイテムであるからこそ、「手触りの良さ」は非常に重要です。革には様々な種類がありますが、手触りがよく、また使い込むほどに革が手に馴染んできます。

使い込むほどに手に馴染み、また色艶が出たり柔らかさが出たりすることを「経年変化」と呼びます。「エイジング」と呼ばれることもありますが、意味は同じです。この「経年変化」は、革製品の最大の魅力といっても過言ではありません。

手の脂が革に浸透したり、革が太陽の光を浴びることで「色艶」が出てきます。また、使い込むほどに革表面の繊維が伸びるなどして、それが「柔らかさ」や「手馴染みの良さ」になります。使い込むほどに、購入時と比べて色や質感が変わることは、多くのアイテムにおいて「劣化」として捉えられますが、革製品の場合は違います。持ち主の使い方によって革製品の表情・風合いが変わり、革製品が持ち主独特の「味」を醸成します。

この「味」が、持ち主の品格を高めてくれます。ビジネスシーンで、相手に対して大人の品格を醸し出すことができ、信頼や評価の獲得に繋がるでしょう。

名刺入れ(オーダーメイド | 革)を選ぶ際のポイント

ここまで、名刺入れをオーダーメイドで購入するべき理由、また素材には「革」がオススメな理由をお伝えしました。

「オーダーメイドで、素材が革の名刺入れ」には、様々な機能性・デザイン性のものが存在します。ここでは、商品選びの際に押さえておくべきポイントを3つご紹介します。

使用シーンを想定して、機能性が十分かを確認する

ビジネスマンにとって、名刺入れは使う頻度が多いアイテムです。また人によって、どのような機能性(使い勝手)のものを好むかは異なります。

名刺入れを選ぶ際に重要なのは、「使用シーンを想定すること」です。人によっては名刺を格納する機能だけでなく、交通機関で使うICカードやクレジットカードなどを一緒に分けて保管できる機能を求めるかもしれません。

名刺やその他のカードが何枚ぐらい入るか、名刺の取り出しやすさやスーツ・ジャケットの内側の胸ポケットに入れた際のかさばり具合など、実際の使用シーンを想定して、長く気持ち良く使える、便利な名刺入れを選ぶようにしましょう。

「相手から見られる」ことを意識して、適したデザインのものを選択する

オーダーメイドの革の名刺入れを選ぶにあたり、「ビジネスシーンで相手からどう見られるか」という「他者視点」を持つことが非常に重要です。

プライベートで使う財布やバッグ、洋服選びにおいても、もちろん相手からどう見られるかという観点は重要ですが、基本的には「自分が好きなデザイン・色合いのアイテム」を持つのが普通です。使い続けるのは自分自身ですから、自分の好みに最大限合致したアイテムを持ちたいと思うのは普通です。

しかし名刺入れの場合は、「自分好みのデザイン」よりも、「ビジネスシーンで相手から良い印象を持ってもらえるデザイン」を選ぶことが重要です。

様々なデザインの名刺入れが販売されており、オーダーメイドではデザインについて細かい指定も可能なことが多いですが、奇抜すぎるデザインではなく、様々な業界業種、役職の方から良い印象を持たれるようなフォーマルなデザインを選ぶのが良いでしょう。

革の質感を実際に手に触れて確認し、長く大切に使い続けられそうか判断する

せっかくオーダーメイドの革製品を購入するわけですから、買い物に失敗したくはないですよね。革製品を購入する際は、実際に革の質感を自分の手で触れて確認することをオススメします。

可能な限り実際に店舗に足を運び、質感を自分の手で確認するだけでなく、デザイン・色の組み合わせなどを自分の目で見て確認しましょう。ネット上だけで完結させようとすると、期待していたものとは少し異なる製品が手元に届く可能性があります。

店舗に足を運んで、自分の目で確認して、手に触れて納得してから購入した製品であれば、より強く愛着が湧き、長く大切に使い続けたいと思えることでしょう。

お店・ブランド選びで大切なのは、「実績」

商品選びも重要ですが、「どこのお店・ブランドで購入するか」も当然重要です。お店選びには様々なポイントがありますが、オーダーメイドの革製品選びにおいて特に確認しておきたいのは、「実績」です。

オーダーメイドによるモノづくりには、長年の経験に裏付けされた高い技術力が必要不可欠です。そして、その技術力を証明する材料として一番信用できるのが、「実績」です。オーダーメイドによるモノづくりの実績が豊富であれば、機能性やデザイン性に最大限こだわった高品質な名刺入れを作ってくれることでしょう。

また革製品を購入する際は、革製品の提供に特化したお店を選ぶのがオススメです。様々な選択肢の中から、実際に手に触れて確認して質感が自分好みの革を選択し、細部にまでこだわった高品質な革製品を手に入れることができます。

実績豊富なお店で、「オーダーメイドの革の名刺入れ」を購入し、ビジネスシーンでより信頼・評価されるビジネスマンになりましょう。

名刺入れ(オーダーメイド | 革)を提供している「Livelty TOKYO」について

このサイトの運営元であるLivelty TOKYOは、名刺入れの機能を持つカードケースをはじめ、バッグや財布などの製品から、AirPods Proケースやアップルウォッチレザーバンドなどのニッチな製品まで、幅広いジャンルの製品を取り扱っているオーダーメイドブランドです。

素材が「革」のオーダーメイド製品を提供しており、オーダーメイドで革の名刺入れをお探しであれば、Livelty TOKYOをお選びいただければ間違いありません。

オーダーメイドの革製品の製作実績が豊富であり、熟練職人がお客様の要望を形にするため、一つ一つ丁寧に縫製して作り上げていきます。

無料で名入れ刻印に対応しており、オーダーメイドの名刺入れに、より特別感を醸成します。

すぐにオーダーメイドの名刺入れの購入を検討していなかったとしても、些細な疑問や聞いてみたいことなどございましたら、是非お気軽に中目黒の店舗まで足をお運びください!

Livelty TOKYOのオーダーメイドの名刺入れを紹介!

それでは、Livelty TOKYOが提供しているオーダーメイドの革の名刺入れをご紹介します。しかし、ここで紹介する商品は名刺入れの機能のみに特化したものではございません。先ほど、名刺入れにおいては「使用シーンを想定して、機能性の高いアイテムを選ぶことが重要」であることをお伝えしました。

キャッシュレス化が進む現代において、最小限のカードや紙幣のみをカードケースなどのスマートな入れ物に格納して持ち運ぶ人が増えていますが、カードケースは名刺入れとしても活用できます。スリムでコンパクトな名刺入れの機能を持つカードケースは、非常に便利かつ、ビジネスシーンで相手に上品な印象を与えることができます。

商品名は、「ミニカードケース」です。クレジットカードやICカード、免許証など使用頻度の高いカードを3枚、また中央のポケットには名刺を5枚程度収納できるため、大切なものだけをコンパクトにまとめて持ち歩くことができます。

ミニカードケース ¥15,800 (税込)

名刺入れの機能のみならず、ウォレットとしても活用できる多機能な商品です。色や素材について、幅広い選択肢の中から組み合わせを選ぶことができます。ビジネスシーンで初対面の方から好印象を獲得するために、使用シーンをイメージしながら納得のいく組み合わせを是非お選びいただければと思います。

まとめ:名刺入れ(オーダーメイド | 革)で、ビジネスマンとしての品格を上げる!

この記事では、名刺入れにオーダーメイドがオススメな理由や、さらに素材には「革」が適している理由、また商品選び・お店選びのポイントなどをお伝えし、名刺入れとして使える多機能なオススメ製品をご紹介しました。

初対面の人に対する評価は、第一印象の「視覚情報」により多くが決定します。容姿や身だしなみはもちろん、持ち物にもこだわっているかどうかは、相手からの信頼・評価の獲得に大きく影響します。

ビジネスシーンで初対面の方から好印象を獲得し、その後の関係性・コミュニケーションを円滑にするためにも、オーダーメイドの革の名刺入れを持ち、周りから一目置かれる存在になりましょう!