Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > 長いこと愛用していたお財布を名刺入れにリメイク!
長いこと愛用していたお財布を名刺入れにリメイク!

こんにちは! Livelty TOKYOブログ担当の佐藤です。

今日は、「お財布から名刺入れ(カードケース)へのリメイク」事例をご紹介したいと思います。

2019年9月にオープンしたLivelty TOKYOは”オートクチュールをもっと身近に”をコンセプトとしたオーダーメイド専門のショップです。

オンラインストアでのカスタムオーダーをはじめ、お客様のご要望を細かくかなえるフルオーダーメイドまで、国内では珍しくショップin工房にて職人が一つ一つ丁寧につくりあげるというサービスを提供しております。

そんなショップもそろそろ4年が経ちます。コロナ禍の影響もあり、サステナブルへの意識も急速に高まっているのか、Livelty TOKYOで受けるオーダーの半数が”リメイク”となりました。

長年愛用していた”お財布”や、”バッグ”、そして大切な人からもらった”レザージャケット”など、捨てたくはないけど・・・ずっと保管しておくのも場所をとるし・・・

みたいなお悩みを”リメイク”という方法で新しいアイテムへと生まれ変わらせる。Livelty TOKYOではそんなサービスをご提供しております。

今回の事例は、”ホワイトハウスコックス” の2つ折り財布を、新しいお財布に買い換えたということで何か他のアイテムにできないか!?というご要望でした。そして、そのリメイクはプレゼントということでお二人でご来店いただきました。

店舗に来て頂いて、ホワイトハウスコックスのお財布を拝見しましたが、長く丁寧に使われてきたことがわかる感じで、多少の傷はありましたが味のあるブライドルレザーがまだまだ使える状態でした。

(※参考画像です)

時計のバンド、名刺入れ(カードケース)、ミニカードケースフラグメントケースなど、いくつか候補がありましたが、2つ折りの名刺入れにリメイクすることが決まりました。

Livelty TOKYOの名刺入れは通常は以下のデザインとなります。


ホワイトハウスコックスのお財布・・・結構使えるレザーの面積が小さく・・・通常のリメイクであれば既製のデザインでおつくりするんですが、表の革がどうしても平面で取れず、フラップを活かしたリメイクへと調整をいたしました。

出来上がりの感じがこちらです。



リメイク費用: 30,000円(税込)
製作期間: 4週間

お色もかなり悩まれて、お財布がネイビーと赤の組み合わせだったので、名刺入れ(カードケース)も同様のカラーリングに。

長年使ってきた歴史も感じつつ、新品のレザーを組み合わせることで長く使えるアイテムになったのではないでしょうか。

今回の事例紹介はここまで。

オーダーを頂きまして誠にありがとうございました。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
オーダー、リメイクのご相談は問合せフォームよりお願いいたします。