Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > ”お財布としてもポーチとしても” 人気のウォレットポシェットを徹底解説
”お財布としてもポーチとしても” 人気のウォレットポシェットを徹底解説

皆様こんにちは。 Livelty TOKYOで製品開発を手掛けている森と申します。

本日は、Livelty TOKYOの商品の中でも人気のある”ウォレットポシェット”について製品がもつ魅力についてお伝えできたらと思っています。

ウォレットポシェットは2021年11月にリリースさせて頂いた商品ですが、弊社の商品の中でも上位5位に入るほどの人気商品となります。

もともと、”大切な方へのプレゼントに” と思いカスタマイズをして頂くことをメインに考えて開発をしましたが、最近では “リメイク” をされるお客様がとっても増えた商品でもあります。

ちょっとしたお出かけに斜め掛けもできるし、お財布としてもバッグインできる。

そんなところが喜ばれているのかなと思っています。

それでは、商品を作った背景から順を追って深掘りをしていきたいと思いますので最後までお付き合い頂ければ幸いです^^

説明の最後には、お客様が実際におこなったカスタマイズやリメイクの事例も載せておりますので、そちらも合わせてご確認くださいませ。

目次

ウォレットポシェットが生まれた背景

近年のキャッシュレス化に伴い、革小物の業界では ”ミニ化” がトレンドになっています。ミニ財布、ミニポーチ、スマート財布・・・などなど。

皆様も、何かしら ”ミニ” をお持ちでないでしょうか。

Livelty TOKYOでも、スマート系のお財布を発売しておりますし、もちろん売れ筋です。

ただ、、、、、弊社はオーダーメイド専門店。世の中で手に入らないようなデザインを追い求めてご相談が舞い込んできます。

そんな、お客様の声を聞くと、

『ミニマルな商品は欲しいんだけど、結局お札と小銭は持ち歩かないと心配。だからちょっと入るような小さい財布ってない!?』

このような要望をよく耳にするようになってきました。

私も、ちょっとコンビニで買い物をしようという時であれば、クレジットカードを一枚持って出かけてしまいますが(実際には保険証と免許証と自宅のカードキーの4枚がセット^^)、

会社に出社する場合は怖くてお札と小銭をいくぶんかは持っていくので、カバンの奥に割と大きめのお財布を持っていたります。

ウォレットポシェットは、そのようなキャッシュレスでミニマルなアイテムが好きではあるけれども、実はお札と小銭を持たないと心配。そのようなお客様に ”ちょうど良い” を提案できるようなアイテムにしたいと思いまして開発に至りました。

①ちょっとコンビニに出かけようという時には、ミニカードケースにカードを4枚を持ち歩いて。

②お友達とショッピングに出かけようという時には、ミニショルダーポーチとして両手をあけて街ブラして。

③お仕事で出勤する時には、バッグの奥にお財布(※1)として忍ばせておく。

(※1)ショルダーベルトが取り外せる仕様になっています。

お客様のライフスタイルに合わせて持ち方をかえて欲しい! そんな想いが詰まった商品になります。

ウォレットポシェットの機能性と使い勝手

商品のディテールとしては幅広い使い方を可能にするべく、非常にシンプルな作りを目指しました。

そのためウォレットポシェットの袋自体は中の仕切り1枚と、外側のフリーポケット1つで使う人を選ばない仕様となっています。

「そんなシンプルな作りで本当にお財布として機能するのか?」お客様からはそんな事をよく聞かれます。正直、開発側の私等も初めはそんな事を思っていました笑

しかし、いざ使ってみるとスマートな見た目とは裏腹にかなりの収納力でお財布としてなんら問題の無い使い勝手なんです!

ミニマルな見た目ではありますが、本気を出せばこれだけ詰め込めるポテンシャルを持っているのがウォレットポシェットのすごい所!

更に一番の特徴としては、なんと言っても当店で販売しているミニカードケース(別売り)との互換性がある事です!ウォレットポシェットの仕切りのどちら側にもすっぽりと収まるよう設計しており、財布としての機能性を拡張されたい方やカードの仕分けをして持ちたいという方には、十分満足していただけるかと思います。

”フリージッパーポケット”

背面のフリーポケットにはコインを!写真では硬貨4枚ですが実際は10枚近くは収納できる余力を残してますね。

”メインポケット”

写真下側にはミニカードケースと紙幣を!これまた紙幣もあと数枚は入れられる余力を残しています。カード単体でもあと数枚は入れられる程の収納力ですね。

写真上側にはハンカチと奥にはワイヤレスイヤホンも入っています!どちらもお散歩や街ぶらの必需品ですね、こんなに小さなポーチなのにこれだけ持ち歩けるなんて、、とびっくりされるお客様も結構いらっしゃいます。

ウォレットポシェットの使用感

【お財布としての使用感】ショルダーとして斜めがけにする事でバッグから取り出して支払う手間を軽減、更にハンカチやイヤホンなど小物系も併せて持つ事が出来るので、ちょっとした街ぶらにピッタリです!よりカードの仕分けや収納性をお求めの方は別売りのミニカードケースを合わせる事で使い勝手をアップさせられます。

【ポーチとしての使用感】普段のメイク道具や日用品をバッグの中で仕分ける為のバッグインバッグとしてや、ショルダーポーチとしてミニマルに外出される際などに大活躍です!

お客様からの評判

30代女性 会社員:ウォレットポシェットですが普段はちょっとした小物を入れるポシェットとして大活躍です。

40代女性:普段はメインとして使っているポーチがあるので、お休みの日のちょっとしたお出かけなどでかなり重宝しています!リメイクとして新しい物に蘇らせる事が出来てとても良かったです。

30代男性:還暦を迎えた母へのプレゼントとして母の好きそうな色を組み合わせてオーダーしました!無事、とても喜んで貰えて良かったです。ミニカードケースもポシェットと色味を合わせてオーダーさせていただきました!

スタッフの声:大変有難い事に、ここ最近はお手持ちの製品をウォレットポシェットへリメイクしたいというお客様がかなり増えてきました。

というのも、リメイクの性質的な部分がございまして、お持ち込みいただいた製品の劣化が激しく一部しかパーツが取れない事や、財布などの小物系の場合に取れる場所が限られてしまう事が多々ございます。

そう言った時にウォレットポシェットのフラップ部分にのみ再利用される方が多いです。ウォレットポシェットのフラップは他の小物の一部パーツと比べ、存在感が大きい割りに仕様する革の範囲としてはそこまで大きく無いので「リメイクで何かに残したい!」「バッグとまでは言わず、ポーチぐらいにしたい、、」という方に大変人気の製品です!もちろん、当店の革を使ったカスタムも承っております!

カスタマイズ&リメイク事例

フラップにヒョウ柄のハラコを使用し、アクセントとして7色から選べるタッセルチャーム(別売)をつけることで見た目のイメージをガラッと変えました!カラビナ式の開閉リングを使用しているので、色々な付け方で自分流のアレンジを楽しむことができます。

お次は、お母様へのプレゼントとしてとても美しい配色でカスタムをされたお客様です!ミニカードケースもカラーを合わせてご注文いただきました!

オーダーを専門に行っているLivelty TOKYOの製品はどれもカラーリングを楽しんでいただけるデザインにしております!前述の事例の通り、お好きなカラーでの組み合わせがなんと100通り以上もの中からお選びいただけます。

ウォレットポシェットの無料カラーシミュレーションはこちら

更に、当店では名入れのサービスも行なっております!(素押し・ゴールド・シルバー)の3種類からお選びいただき、大切な人へのプレゼントなどにも喜んでいただけると思います。

ぜひ、あなただけのオリジナルアイテムが形になる感動を弊店で体感してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Livelty TOKYOはもっと自分らしくありたいと思い続ける皆様のご要望に全力でお応えします。

お気軽にカスタマイズ・リメイク・フルオーダーについてご相談くださいませ。