Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > オーダーメイド事例 エルメスボストンバッグに取り付ける持ち手調整ベルト
オーダーメイド事例 エルメスボストンバッグに取り付ける持ち手調整ベルト

以前もリメイクにてご注文いただいたお客様より「最近購入したHERMESのボストンバッグの持ち手が長くて困っている・・・」というお問い合わせをいただきました。現物を拝見するとショルダーとしてはピッタリですがハンディとしてはかなり長いという印象でした。「ショルダーでも使う事があるので調整できる様にしたい・・・。」 幸な事に下のループに引っ掛けているだけなので調整の余地はあり、という事で調整可能なベルトを製作しました。 牛革最高級のヴォー・スイフトをふんだんに使われているボストンで、せっかくなのでベルトもスイフトで揃えたいという事で揃えてお作りいたしました。

       

[フルオーダーメイド 調整ベルト]
[size] 縦18.8cm×横11.2cm [素材] 外装:ブラック/スイフト         

製造スタッフより

        

HERMESのバッグに取り付ける調整ベルトという事で、絶対にHERMESの質感を損なってはいけない。お客様のご要望に答えようという気持ちもそうですが、一番最初に思った事はそこでした。なので、調整ベルト自体の試作もそうですが同じくらい時間を掛けたのはボストン本体をよく観察する事。ステッチはどの太さでどのくらいの幅で縫っているか、コバ液はどれくらいの発色でどのくらいの厚さに塗っているか。とても細かい所ですが、少しの違いが大きく目立つほどに精巧に作られているのがHERMESです。 仕上がりを見て、お客様からご満足のお電話をいただけた事が何よりも嬉しかったです。 この度はオーダーいただきましてありがとうございました。

職人:森

リメイク対象のエルメスボストンバッグ

リメイクしたベルトアジャスター/p>

リメイクしたベルトアジャスター/p>