Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > リメイク事例 エルメスのクラッチバッグへベルトループ取り付け
リメイク事例 エルメスのクラッチバッグへベルトループ取り付け

「エルメスのクラッチバッグをショルダー仕様にするためのベルトループが欲しい」 そんなご相談をいただき内容をお伺いしてみると普段はエルメスのスカーフをショルダーとして使っており、 両サイドにそれを通せる所が欲しいとの事、ただ、革の表面へは穴を開けたくないという事で、逆サイドと同様の角カン取り付けは難しいという判断にとにかく通して固定できる所が欲しいという事で、革に穴を空けないよう元々あるステッチの上から縫い付ける仕様となりました。

       

[エルメスクラッチバッグ ベルトループ]
[size] 幅1.5cm×2.5cm [素材] ブラック/シュランケンカーフ(牛革)         

製造スタッフより

        

小さなベルトループのパーツ一つだけでもやはりミシンの針を通すとなるとエルメスはやはり緊張感が走ります。 エルメスに取り付けるパーツという事もあり、品質で差が出てしまわぬ様に。とそこをまずは第一に考え製造を進めました。 無事にお客様にはど要望通りという事で満足頂けて良かったです。

職人:森

【リメイク前】エルメス クラッチバッグ

【リメイク後】エルメス クラッチバッグ

【リメイク後】エルメス クラッチバッグ