Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > リメイク事例 シャネルウォレットをスクエアラウンドファスナーウォレットへリメイク
リメイク事例 シャネルウォレットをスクエアラウンドファスナーウォレットへリメイク

「なかなか捨てるにも捨てられなくて・・・」 長らく愛用していた財布を手放し、より小さい財布を新調する事を決断されましたが、 状態があまりにも綺麗なのでこのお財布を捨てるには勿体ないという事でリメイクが出来ないかというご相談を頂きました。 「デザインは気に入っているので、サイズ感だけを小さくしたい!」というご要望だったので、 お財布のデザイン性を最大限に活かしながら、リサイズできるスクエアラウンドファスナーウォレットファスナーをご提案させていただきました。 職人自身も自画自賛な仕上がりに、お客様も想像以上という事でお喜びいただく事ができました!

       

[リメイク2つ折りミニラウンドファスナーウォレット]
[size] 縦9cm×横11cm [素材] 外装:リメイク 内装:トープ/シュランケンカーフ         

製造スタッフより

        

エナメル調の素材という事でまず最初に思ったのはミシンの押さえの跡が付かない様に最新の注意を払う。という事。 押さえの圧を慎重に確認しながら、お客様の手元に届く時にはステッチ以外の跡や傷は一切無い綺麗な状態を目指して 製作を進めていきます。 基本的に一回の機材の調整で生産する量産現場とは違い、都度慎重に調整しながら一個一個作りあげていくビスポークという世界に 独特な緊張感と楽しさを感じながら今回も製作させていただきました。

職人:室谷

リメイク前

リメイク後内装box小銭入

リメイク後内装