Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > リペア事例 ルイヴィトントートバッグの持ち手リペア
リペア事例 ルイヴィトントートバッグの持ち手リペア

「しばらく保管していたバッグの持ち手が何故かベトベトになってしまったので修理して欲しい」 そんなお問い合わせをいただき、実際に当店にお持ち込みいただいた時には持ち手が溶けてお客様も手も真っ黒に! 恐らく多湿な場所で保管されており革断面に塗られている塗料が溶けてきてしまった可能性が・・・それにしてもここまで大変な事態になっているのは初めて見ました。という事で持ち手を当店の似つかわしい革で再現させていただく事に!仕上がりはお客様もご納得いただける程美しくなりました。

       

[持ち手リペア]
[素材]
ブラック/スイフト(牛革)
 

[製造スタッフより]

 

今回は今までに見た事がないレベルで表面の塗料が溶け剥がれていたので、お客様としてもとても不便そうでした・・・ 表面のみを削り、塗料(コバ液)を塗り直すことも検討しましたが他の持ち手部分にも溶けた塗料が付着してしまっており綺麗にするには 持ち手ごと交換するしか無いという決断に至りました。最終的には元々持たれていた時よりも質感良く美しくなり、 お客様もかなり喜ばれていたので良かったです。 この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。

職人:森

【リペア前】ルイヴィトントートバッグ

        

【リペア後】ルイヴィトントートバッグ

      

【リペア後】ルイヴィトントートバッグ