Livelty Tokyo

■オートクチュールをもっと身近に

 株式会社iUsual(代表取締役:佐藤孝俊)は、東京都目黒区中目黒3-6-6 Dimora中目黒1Fに革バッグ、革小物のオーダーメイド専門店「Livelty Tokyo」を2019年8月28日にプレオープン(先行営業)いたしました。Livelty Tokyoは「オートクチュールをもっと身近にする」をコンセプトに世界中から厳選した革でお客様の好みに合わせたバッグやお財布をカスタムオーダーできるブランドになります。店舗内にはお客様が商品を選んでいただけるブティックスペースのほか、バッグや革小物を一から製造する工場スペースもあるためより身近にオーダーメイドを感じていただけるようになっています。

■革製品は買うから作るへ

 Livelty Tokyoのカスタムオーダーでは、展示されているバッグやお財布からデザインを選び、素材やカラーをお好きなように選んで頂くことができます。イタリア、フランス、イギリス、ドイツの革を中心に柔らかく上品な革を厳選しており、店舗内には大判の革見本や制作途中の革製品をご用意しておりますので実際に手に取りながら肌触りの違いや柔らかさ、色の組み合わせをご確認いただけます。

 また、10月初旬に予定してますグランドオープンではWEBによるオーダーシミュレーションならびに購入ができるように準備を進めておりますので、よりオーダーメイドの楽しさを体感できるような仕組み創りを進めております。

■カジュアル&ラグジュアリーなブランド

 Liveltyのデザインはアメリカ西海岸の海にも合うカジュアルさとイタリアフィレンツェのような上品さをミックスしたカジュアルかつラグジュアリーなスタイルに仕上がっています。外見はシンプルで上品な様相ですが内装は立体的なデザインかつ派手な色使いにすることで遊びごころを取り入れたおしゃれなアイテムになっています。また、Made in Japanが得意とする機能性も追求した使いやすいアイテムになっています。

■Livelty Tokyoの想い・・・Made in Japanの復活

 国内におけるバッグやお財布などの袋物市場は約1兆円と言われており近年では微増傾向にあると言われています。しかしながら、国内の縫製職人は減少傾向にあり20年前に約4,000社あった縫製工場が現在では約1,500社と3分の1近くまで減っています。そのため、革製品の製造はほとんどが国外(主に中国やベトナム)に流れているのが現状です。もともと、日本の職人レベルは高く、古くから東京・浅草周辺では革靴やバッグなどの革製品の製造が盛んで独自の技術が育っていました。時代が代わり品質よりも安い労働力を求めるようになると中国やベトナムに縫製工場を建て、大量生産でコストを抑えた製法が取られるようになると、日本の職人は自身で製造するのではなく中国やベトナムの技術者の育成に力を入れるようになりました。

 前述のような背景もあり日本の職人が減少傾向にありますが、デジタル社会が進む近年では世界中のあらゆる情報が短い時間で手に入る環境になり、お客様の好みも多様化する傾向にあります。お客様の細かいニーズに対応するには長い期間をかける国外の大量生産手法ではなく、お客様により近い環境でモノづくりをした少量多品種手法を確立していかなければなりません。Livelty TokyoではMade in Japanの技術を国内に普及するために人材の育成に力を入れると共に、デジタル化を進めることで人の技術に頼らない製造ラインを確立することを目指しています。

 運営会社であるiUsualの代表である佐藤は、IT業界で急成長をとげる株式会社SHIFTの役員を経験しサービス開発・人材育成の責任者として当時10名の企業を3,000名規模まで成長させてきました。多くの未経験者を技術者に育成する手法と自動技術を取り入れたサービス開発を手がけることで業界での優位性を確立してきました。ここでの経験を革業界に応用することでMade in Japanの復活を手がけていくつもりです。

■店舗情報

 Livelty Tokyo

 〒153-0061

  東京都目黒区中目黒3-6-6 Dimora中目黒1F

 TEL: 03-6451-2063 / FAX: 03-6451-2064

 OPEN: 11:00 – 19:00(定休日 月曜日、火曜日)

 WEB: https://livelty.com

 問い合わせ先: info@livelty.com

 

■運営会社

 株式会社iUsual (代表取締役:佐藤孝俊)

 問い合わせ先:info@iusual.jp

-->