Livelty TOKYO > オーダーメイド事例 > 【リメイクを検討中の方必見】 大切に使ってきたお財布が新しいアイテムへと生まれ変わる | お財布のリメイクならLivelty TOKYO!
【リメイクを検討中の方必見】 大切に使ってきたお財布が新しいアイテムへと生まれ変わる | お財布のリメイクならLivelty TOKYO!

「お財布からお財布へのリメイク」はリメイクの中でも非常に人気のサービスです。大事に使われていた思い入れのあるお財布や、大切な方からの頂き物 や思い出のある捨てられないお財布は是非リメイクサービスを使って新しい気持ちで心機一転使い始めましょう。

傷や汚れが付いた財布を修復し、元の綺麗な状態に蘇らせることを「リペア」と呼びますが、「リメイク」はこれとは異なり、「元の製品を元に、新しい製品を生み出すこと」です。財布のファスナーが壊れたから直すという場合、これは「リペア」です。財布の革の一部を使ってスマートフォンケースを作ろうという場合、これが「リメイク」です。お財布は面積も小さいので「リメイク」出来る物が少ないのでは?とお感じの方も多いと思いますが、もしご希望の形に材料が足りない場合は、新しい材料(お店でストック革している革等)を足してどんな商品も作る事が可能です。

この記事では、お財布をリメイクすることの魅力や、どんなことができるか、またリメイクサービスの実績が豊富なオーダーメイドレザーブランドLivelty TOKYOについてご紹介していきます。お客様の「こうしたい!」を手間暇をかけて形にするリメイクサービスにご興味をお持ちであれば、下記のリメイク事例ページをご覧になってください。

また、東京の中目黒にあるLivelty TOKYOの店舗にお越しいただきご相談や実際に商品を手に取ってご覧いただけたらうれしいです。

目次

お財布のリメイクの魅力について、徹底紹介!

Livelty TOKYOがご提案するお財布のリメイクに興味があるあなたにまず知って頂きたいこと、それは「お財布のリメイク体験は新しく魅力的で楽しい」ということです。Livelty TOKYOのサイトの中にある沢山の事例を見ていただき想像を膨らませて頂けたら「!」とイメージが浮かぶのではないかと思います。何よりも体験していただいたお客様からの沢山の喜びの声を頂けていることが私達の自信につながっています。

では、こちらでは財布のリメイクが魅力的で楽しいと言えるポイントを事例と一緒に3点ご紹介します。

● お持ちの財布を元に心機一転新しい形やデザインのレザーグッズを生み出せる!
● 世界に一つあなただけの個性が光るレザーグッズを生み出せる!
● ものを大事にできて大切な思い出もよみがえる!

お持ちの財布を元に心機一転新しい形やデザインのレザーグッズを生み出せる!

本体サイズ:縦10.5cm×横19cm×奥行5cm ショルダー長さ110cm。

まず初めにご紹介させて頂くリメイク事例はこちらです。アンティークの星座モチーフスタッズが沢山付いた魅力的なjimmychooの長財布の内装カードポケット等を外し、外装をまるまる使いスマートフォンが入るサイズの横長ショルダーバッグへリメイクさせて頂きました。弊社職人が模型をいくつも作成し丁寧に裁断、ギリギリのラインをうまく縫製し無事可愛い横長ショルダーバッグへ変身させることができました。

縫製のポイントはマチ幅の無いお財布に均等にマチを付けて縫製したところが一番の難関ポイントです。1つ取れてしまっていたスタッズも付け直し、元々付いていた場所へ違和感無く付けることが出来ました。元々リメイクするお財布から取ることが出来なかったパーツ、本体に付いていない部分のショルダーと引き手の部分はダークグレーカラーのシェーブルレザー(山羊革)を使い、マチの部分はお財布本体と同じ色のブラックのシェーブルレザー(山羊革)を補足して使い制作させて頂きました。この様に足りない部分はストックの革をつかい、違和感なく作りたい形を再現することができるところがリメイクサービスの面白いところです。

少しマチ幅を付けられたことでスマートフォン以外にもティッシュや鍵等の荷物も入れて使えるショルダーバッグになり、小さいお子様を持つお客様にも喜んで頂けたのでとても印象的で我々にとっても長財布の可能性を知った画期的な事例になりました。こちらの事例の様にリメイクというサービスは無限の可能性を秘めているので、リメイクされるお客様のセンスと職人の力で可能な限りいかなる形の製品にも生まれ変われることが魅力です。

世界に一つあなただけの個性が光るレザーグッズを生み出せる!

本体サイズ:縦7.5cm×横9.5cm

こちらはmiumiuの長財布からLiveltyTOKYOのオリジナル商品である3つ折りウォレットをベースにしたリメイクです。元の長財布はオールピンクのレザーで造られていましたが、リメイク時にはフロントデザインの飾りリボンのカラーに合わせたフューシャピンク/シェーブルレザー(山羊革)のストック革を使い背面に採用して内装には鮮やかなイエロー/シェーブルレザー(山羊革)を配置して元のイメージを崩さずに新しい3つ折り財布に生まれ変わりました。

財布は日常的に使うため、劣化が進みやすいアイテムの一つです。毎日手に取る回数が多いからこそ、時には「今の財布も良いが、もう少し違った形やデザインの財布を持ってみたいな」と思うことがあるかもしれません。そのような時一般的には財布を買い替えるのが普通ですが、財布をリメイクに出して、今まで使っていた財布の素材を活用して、違う形・デザインの財布を生み出すということにチャレンジしてみるのも楽しい経験だと思います。

また、こちらの3つ折りウォレットの様にLiveltyTOKYO定番オリジナル商品をベースにリメイク商品をお造り頂くと定番上代プラス@(リメイクのオーダー内容によりお値段が違います。)でリメイクがお造りできるので、0からお造りするオーダーメイドの商品とは違いお手軽にオーダー頂けますので、是非お気軽にご相談ください。

財布をリメイクに出して、「こんなものが欲しい!」という要望を職人に伝えて、イメージを固めていきながら製作を進めますが、「モノづくりの工程に携われる楽しさ」は、お店のショーケースに並んでいる既製品の財布を購入することとは別の特別なお買い物です。「心機一転、別の財布を買おう!」と思っている方は、既製品を購入する体験とはまた違う自分のオリジナリティや気持ちを込めた財布のリメイクに挑戦して、モノづくりの工程に携わりながら自分のイメージを形にしていくという、リメイクサービスの作る楽しみにチャレンジしてみることもオススメです。

モノを大事にできて使いながら大切な思い出もよみがえる!

本体サイズ:縦7.5cm×横9.5cm

お客様の大切な方が御愛用されていたお財布をリメイクしてみたい、そんな思いを持ってお問い合わせくださりzoomやお電話でご相談させて頂き、お客様のご要望とLiveltyTOKYOからのご提案を擦り合わせをしていただきリメイクのオーダーを頂きました。こちらの3つ折りウォレットは片面に札入れとカードポケットが2枚フリーポケットが1つ、もう片面にBOX型小銭入が付いている仕様になる、手のひらサイズのお財布です。

こちらのお財布に使用させて頂いた素材は、リメイクするお財布と同色のシックな型押し革と内装のアクセントカラーになるブルー/シェーブルレザーを掛け合わせ、その他の部分はなるべく沢山のパーツをリメイクするお財布から取れるように考えました。表面に使用されている革は劣化が目立つ部分も多かったのですが、内装側のワンパーツに配置することができました、内装に使われていた革は状態の良い部分も多く元のお財布と同じように多くのパーツをそのまま使用することができました。        

お使い頂ける方が使いやすく丈夫にこれから先も大切な思い出と共に使い継がれていっていただきたいという気持ちを込めてお造りさせて頂きました。

財布以外にもリメイクに出せるものはたくさんあります!

「レザージャケット」は言わずもがな表面積が大きく、素材をふんだんに取ることができます。「レザージャケット」は季節感があり、気付いたら長らく袖を通していないという場合もあるでしょう。

「レザージャケット」をお持ちの多くの方は、何かしらの愛着やこだわりを持っている方が多いのではないでしょうか。捨てるのはもったいないと感じてしまうアイテムの一つですね、この機会に別の物に新しく生まれ変わらせて使ってみるのはいかがでしょうか。

「レザージャケット」「レザーパンツ」等の革素材の衣料品は実際にリメイクに使用できる面積が多く、バッグやお財布等は勿論、大きさによってはいくつかの商品に生まれ変えることができる程汎用性が高いアイテムと言えます。「レザージャケット」「レザーパンツ」のポケットやポイントになるデザインの特徴がある部分をそのまま生かして、リメイク後のバッグのポケットにしたりデザインポイントにしたり自分だけのオリジナル商品を作ることができます。

「バッグ」は、お財布と並んでリメイクに人気の製品の一つです。表面積が大きく、革の素材をふんだんに取ることができ、一つのバッグから様々な種類の製品を生み出すことができます。素材が合皮やジャガード生地等の革では無い場合でも、リメイクには十分適しています。お気に入りの柄の生地や好きな色に育てた革を使い新しい形にリメイクして生まれ変わらせることは、気分の変わる楽しい体験です。

普段バッグを使っていく中で、手の脂の浸透などにより出てきた色艶は、まさに「味」の象徴的な部分です。この表面化している味を引き継げるという点でも、バッグはリメイクに非常に適しています。

多くの人方がご自宅に幾つかの使わなくなった革の鞄やバッグ等の革製品をお持ちなのではないでしょうか。使用による摩擦や劣化等様々な理由で使わなくなった革製品を、この機会に是非リメイクに出してみるのはいかがでしょうか。

ものを大切にすること、サステナブルな社会に貢献することを考える

日々、自分達が使うものや、身の回りに置く物にどれだけ愛着を持って大切に使えているのかという疑問や気持ちを多くの人々が持つ事で限りある地球の資源を大切に「サステナブルな社会」「持続可能な社会」平和で豊かな地球の状態を持続しつづけられるでしょう。

リメイクの活用はリユース(本来捨てるはずであった物を再活用できるようにする)&リデュース(物を捨てずに、大切に使う)というサステナブルな考え方です。つまり、リメイクを積極的に活用することは、サステナブルな社会への貢献に繋がる第一歩です。本当に自分に必要な物なのか、本当に自分が大事にできる物なのか、身の回りに置く持ち物のことを真剣に考えるきっかけにリメイクを体験してみることをお勧めします。

物を大事に大切に使うことは第一ですが、多少壊れても楽しく直すことができる事や飽きてしまった物でも新しく形を変えて使い始めることができる事を広く知って頂くことが「サステナブルな社会」の継続にとても重要なことだと思います。

リメイクサービスは、プレゼントにもオススメ!

プレゼントを渡すのに適したイベントというのは1年の中に何日かあります、それ以外にも卒業記念や交際記念日や結婚記念日などそれぞれの事情で様々な記念日が存在します。

そんな大切な記念の日に一生の思い出になる心のこもった世界に一つだけの高品質なレザーグッズのリメイクプレゼントを贈られてはいかがでしょうか。革製品は長く使い続けられるだけでなく修理やリメイクなどにも適しており、高級なプレゼントにはぴったりの素材といえます。

卒業のタイミングではお世話になった恩師や旅立つ先輩に向けて学舎での思い出の品からリメイクした商品を贈られたり、ご結婚のタイミングでは育ててくれたご両親は勿論のこと、ランドセルを買ってくれたお爺様やお婆様へランドセルをリメイクしてシルバーパス入れやカードケースにリメイクした商品を贈られる等ご親族への感謝の気持ちや心のこもったリメイクプレゼントサービスも大変人気なサービスの1つです。

プレゼントを贈られる方の身の回りにいつも置いて頂けて、その方が使える物という条件は第一に楽しい思い出の共有やお話のきっかけになるような素敵な贈り物になることがリメイクのプレゼントの目標です。また、物にどれだけ愛着を持って大切に使えているのかという疑問や気持ちを多くの人々が持つなかで「サステナブルな社会」「持続可能な社会」平和で豊かな地球の状態を持続し続けられている実感を贈る側も贈られる側も感じられる特別な贈り物ともいえます。

人がお金を使うときに商品の所有を重視する消費行動「モノ消費」から経験や体験を重視する消費行動「コト消費」へと時代は移り変っています。目には見えない社会貢献に繋がる消費を選択できて、楽しい特別な価値を求める世の中にぴったりで「モノ消費」+「コト消費」 のみならずエモーショナルな感情も得られる「エモ消費」までもが叶えられる最高の体験といえるのはLiveltyTOKYOのリメイクサービスです。

リメイクサービスはお財布の素材を活用して別の形・デザインのお財布を作れるだけでなく、お財布とは全く別の「世界に1つしかない、あなただけのお気に入りの品」を生み出すことができます。多くのお財布は革や合革や生地でできていますが、これらの素材を使うことで様々な製品を生み出すことができます。例えば、お財布の素材である生地を活用してイヤフォンケースを作ってみたり、小銭入れや小さなキーホルダーを作ることもできます。

お財布のリメイクでは、素材を活用して「こんなこともできるのか!」と驚くような今までとは全く別の用途の物を生み出すことができます。職人に要望を伝えながら革を選んだり一緒に手間暇をかけて生み出した製品には贈る方の思いが伝わり届き、贈られた方も一層愛着が湧き積極的に使いたくなることでしょう。

また「自分だけの」という特別感をプラスするために、製品には自分の名前や大切な人の名前、大切な言葉を刻印するのもオススメです。Livelty TOKYOではこの名入れ刻印サービスに無料で対応しており、お客様のリメイク体験をより豊かなものとします。

Livelty TOKYOのリメイクサービスについて

Livelty TOKYOでは、オーダーメイドで培ってきた経験・実績を元に、あらゆるリメイク・リペアに対応が可能です。ここでは、「リメイク」を「元の製品を元に、新しいものを生み出すこと」と定義し、また「リペア」を「既存製品の手直しをすること」と定義します。オーダーメイドで新しい物を生み出すこと(リメイク)だけでなく、既存製品の糸のほつれや傷・汚れなどを直すこと(リペア)にも対応することができます。

リメイクのサービス提供に大切なのは、何といっても高い「技術力」と豊富な製作「実績」です。Livelty TOKYOの熟練職人は年間100本もの商品を新しくデザインしリリースしています。そうして培われた高い技術により、お客様の大切な製品を美しく蘇らせます。

財布のリメイクをお考えなら、Livelty TOKYOのリメイクサービスを活用して損はありません。リメイク・リペアのサービスを活用する流れは、「撮って、送って、待つ」だけです。対象の商品を「撮って」、お問い合わせフォームから「送って」、作り終わるのを「待つ」。ご興味ございましたら、まずは是非お気軽にお問い合わせをいただけますと幸いです。

LiveltyTOKYOのモノづくりに対するこだわり

LiveltyTOKYOにはどのお店よりも強いモノづくりに対するこだわりがある。これは直接目に見えるものではありませんが、実際にLivelty TOKYOの店舗に足をお運びいただければ、体感することができます。もちろん、お問い合わせをいただければお客様の想いをどのように形にしていくかを、丁寧にご説明いたします。Livelty TOKYOには、フルオーダーからパターンオーダー、リメイクまで、また様々なジャンルの商品を取り扱っており、縫製歴20年以上の技術力に定評のある熟練職人が在籍しています。実は、ここまで幅広く革製品のオーダーメイドからリメイクサービスまでを手掛けられるブランドというのは、ほとんどありません。

そんな中で、Livelty TOKYOでは年間100本もの製品を新しくデザインしてリリースしており、職人が今もなおお客様により高い価値を提供できるよう、技術研鑽に励んでいます。特別な想いを持って活用する、お財布のリメイクサービス。Livelty TOKYOの職人が、どこよりも強いこだわりとお客様の想いを形にするための熱意を持って、誠心誠意イメージを形にできるよう尽力いたします。

お財布をリメイクして新たに生み出される製品について、お客様がこれから使っていく場面を想像しながら、デザイン性だけでなく機能性も最大限重視しております。いくら特別な想いを持って作り、見栄えが良くて購入時点でお客様に満足をいただけたとしても、中長期的に気持ちよく、長く使い続けられる製品でなければ良いリメイクサービスとは言えません。

Livelty TOKYOはフルオーダーからパターンオーダー、リメイクまで、豊富な実績を持っています。大衆受けするような一般的なデザイン・機能性の物から、お客様のニッチなご要望にお応えした「尖った」製品提供も数多く行ってきました。お客様の要望を適切に汲み取り、イメージを形にするための技術力は、実績が証明しています。

リメイクの制作事例などご興味をお持ちの場合は、是非お問い合わせをいただけますと幸いです。お客様のご要望・リメイクの内容により価格幅はありますが、予算の範囲内でLivelty TOKYOが誇る熟練職人が、手間暇をかけて高品質な製品をご提供させていただきます。

まとめ:財布のリメイクは、Livelty TOKYOで!

この記事ではお財布のリメイクを行うことの魅力やプレゼントにも適していることをお伝えし、またお財布のリメイクに強みを持つLivelty TOKYOの魅力についてご紹介しました。

お財布をリメイクすることで生み出される新たな製品は、お客様の思い出や気持ちのこもった世界に一つだけのアイテムであり、生産工程にご自分が携わって作られたアイテムは、きっと愛着の湧く特別な一品になることでしょう。テキストだけでお財布のリメイクに関する全てが伝えられるかというとそれは難しいことです。この記事で触れているのはあくまで財布をリメイクすることで得られるメリットや、情報の一部でしかありません。

お財布のリメイクについてもっと詳しく知りたい、リメイクサービスでどんなことができるのかもっと具体的にお知りになりたい場合には是非、東京中目黒にあるLivelty TOKYOの店舗に足をお運びいただくか、直接お問い合わせをいただければと思います、Livelty TOKYOのスタッフが、想いを込めて誠心誠意、お客様のお悩みを解決できるようご対応させていただきます!

Livelty TOKYOは、東京都中目黒に店舗を構える、革製品のオーダーメイドブランドです。リメイク以外にもフルオーダーからパターンオーダー、また様々なジャンルの商品を取り扱っており、実績が豊富で、お客様のご要望を適切に汲み取り、想いを形にできる熟練職人が在籍しています。

SHOP名Livelty TOKYO
代表者佐藤 孝俊
住所〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-6-6 Dimora中目黒1F
TEL・FAX03-6451-2063・03-6451-2064
MAILinfo@livelty.com
店舗定休日火曜日・水曜日
店舗営業時間12:00 – 19:00